月に叢雲 花に嵐

<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

標本

身罷りしどくとるマンボウ氏の昆虫記は「人はなぜ虫を集めるのか」と言う話題からはじまっている。
私も子どものころは捕虫網片手に手当たりしだい片っ端から捕らえては、
蝶や蜻蛉は三角紙へ、甲虫は毒ビンの中にぶち込んだものである。
今とは違い、自然保護がそれほどやかましく無い時代であった。
蝶は展翅し、甲虫は展足し標本にしたものだ。
今、その標本はひとつも無い。
マンボウ氏のように空襲で焼けてしまったというわけではなく、
ネズミやカツオブシムシに食べられてしまったのだ。

昆虫は写真を撮るだけの方が良い。
やはり自然に生きている姿が一番美しいのだから。

とは言え、人にはやはりものを集める性質がある。
と言うわけで、最近では石を拾って来て標本をつくっている。
b0084270_02201590.jpg
石集めと言うとどくとるマンボウ昆虫記では馬鹿にされていたような気がするが、
少なくともネズミやカツオブシムシに食べられることは無いであろう。

さて、せっかく拾ってきたからにはきれいに保存したいものだ。
分類名、採集地、採集日時などをラベリングするのだが…
ここで問題がある。
分類名が特定できないのである…
昆虫は同じ種であればだいたい同じような姿をしているが、
岩石はひとつとして同じものがない。
その同じものがない岩石をどう特定するか。
正直、勉強中なのでなんとも言いがたい。
特定の産地を回ってこの産地にはこれがあると絞り込んでいるのが現状だ。
参考にしているのは松原聰氏の鉱物ウォーキングガイド
ゴールデンウィークに訪れた河津浜も当然載っている。
とは言え、書籍で公開されているような有名な産地は、
ハンターが多く訪れる場所でもある。
やんだの沸石は手が届く範囲はほぼカチ割られていたし、
金も滅多に見かけなくなった。
有名な産地では採取が禁止になったところも多いと聞く。
節度ある採集を心がけたいものである。

標本の箱は100均で購入した。
このようなものが100円で買える様になるとは、良い時代になったものだ。
まぁ…どこかの森林が伐採された結果だろうが…
現状、同じく100均で購入したぬいぐるみ用の綿をつめて固定しているが、
小物用に敷居を作ったりカスタマイズする予定…
こんなことをやってるから撮影に行く時間が取れないんだよなぁ…

最後にまだ未整理の河津浜で拾ってきた石を数点…
b0084270_03252459.jpg
ほんのり中央が紫色の石英
b0084270_03243580.jpg
天珠のような角が取れためのう
b0084270_03243946.jpg
光を透過
b0084270_03245189.jpg
割れたてめのう
b0084270_03324399.jpg
転石をゲット
b0084270_03331254.jpg
モフモフ
b0084270_03333929.jpg
同じく転石
b0084270_03340771.jpg
方解石だろうか…
[PR]
by murakumolabo | 2018-05-28 04:15 | 鉱物について | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークの旅行記

少し時間が経ってしまったがゴールデンウィークの旅行メモを…
コースは昨年とほぼ同様。
落合集落から縄地に向かって歩き始めると道路が工事中になっていた。
b0084270_00494570.jpg
落合の清水は…
b0084270_00515578.jpg
無事だった…
b0084270_00525862.jpg
水を2リットル汲み、潰れかけたおにぎりで朝食をとる。
入れ替わり立ち代り車で水を汲みに来る人がいた。
b0084270_00550306.jpg
ミカンの木が見えてくると縄地だ。
b0084270_00565745.jpg
T字路を左に曲がり
b0084270_00575313.jpg
三又を右に進むと
b0084270_00590571.jpg
縄地の浜。
ダイビングスーツ装備で銛で魚を採りに来た人たちがいて、
子どもたちが浜で遊んでいた。
石ころ講座をひらいたら熱心に拾っていた。
やはり、こういうのは子どもの方が才能がある。
しばらく石を見た後、潮が満ちてきたので次の目的地に移動。
子どもたちにとられてしまったのでこの浜での収穫はほとんどなし。
b0084270_01050643.jpg
車通りの多い道を通り菖蒲沢に着いたのはこんな時間…
ここに来たのは3度目だ…
はじめてきたのは2014年。
b0084270_01054785.jpg
わずかな砂地にテントを設営。
たぶん悪天候の時土砂が通る道だ…
b0084270_01073217.jpg
星空の下で炊事。缶詰のいわしの蒲焼とフリーズドライの味噌汁にご飯1合
b0084270_01092652.jpg
翌朝、朝日を拝みながら残ったご飯とフリーズドライのスープでリゾットをつくる。
あたたかい食事がありがたい。
b0084270_01115544.jpg
五徳兼風防にSOTOのミニ焚き火台テトラを導入した。
メスティンに収納する3オンスのスキットルの燃料アルコールでは、
1合の炊飯と2回お湯を沸かすのがやっと。
焚き火がつかえれば燃料消費を抑えられるのだが、
地域によって焚き火を禁止する条例があったり、
クッカーが耐えられるかが問題だ。
焚き火にはビリーコッヘルと言うクッカーが使われるが、
かさばる。
b0084270_01131202.jpg
シェラカップ以外はメスティンに収納。
下に曳いているのはモンベルのフォームパッド
空気を入れないタイプのパッドなので設置・撤収が容易である反面、
かさばるし、薄いので堅い場所にこのパッドを敷いて寝ると翌日体が痛くなる…
砂地に設営したにもかかわらずわりと痛い…
テント泊をするには縄地の浜の方が良いかもしれない。
b0084270_01161397.jpg
iZooは開園前から並んでいた。
b0084270_01170557.jpg
iZooの左手からやんだの千畳敷に出られる。
b0084270_01183119.jpg
降りて右手の岩が沸石で有名だ。
b0084270_01203582.jpg
朝日の写真に写っている桟橋が見える。
これだけしか離れていないのに石の質は大違いだ。
有名産地だけに、あらかた採掘されてしまっている。
どうしても標本が欲しければ脚立を持ち込んで慎重にたがねを使うしかないようだ。
b0084270_01224887.jpg
水色の玉髄と魚眼石かな…?
b0084270_01230683.jpg
輝沸石とセラドン石
b0084270_01225918.jpg
みんな大好きモフモフっ石…もといモルデン沸石。採集者はたぶんこれが目当て
おそらく割っては見たものの取り出せないので採集を断念したものと思われる。
とても取り出せる自信が無いので、基本撮影だけ。
浜に落ちている石だけ拾った。
沸石類は採取してもデリケートな扱いが要求される。
iZooまで引き返し、河津駅を目指す。
ここからは歩道も整備され歩きやすい道になっている。
河津桜で有名な河津川を渡ると、スーパーも飲食店もあるので、
昼食を済ませて帰途についた。

[PR]
by murakumolabo | 2018-05-10 01:30 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

愚者の黄金週間

テントを担いで伊豆まで行ってきた。
コースは昨年同様だったが、
1日目で菖蒲沢まで移動し、トラブルも発生しなかったのでやんだにも降りることができた。

菖蒲沢に着いた時はすでに暗くなっており、
満天の星空の下で炊事をしたが、
一眼レフを持ってこなかったことを後悔した。
星の写真は撮れなかったが、
撮影した月の写真と日の出の写真を。
b0084270_03134870.jpg
b0084270_03140648.jpg
b0084270_03141506.jpg
b0084270_03145567.jpg
ご来光

b0084270_03220362.jpg
b0084270_03220807.jpg
b0084270_03221125.jpg
どの露出が正解だろうか…
次は三脚と一眼レフを持ち込みたいところ。

拾ってきた石は…

b0084270_03235773.jpg
うーん…愚者の黄金。輝くものは全て金ならず。
つーか去年の1~3枚目…あれも黄鉄鉱ですね…
色が白っぽいし…
b0084270_03241016.jpg
こっちはおそらくエレクトラム。
ようやく1個だけ拾えた。
有望そうな石はかなり少なくなったかもしれない。
黄鉄鉱ばかりになっていた印象。
ぶっちゃけ金が欲しいなら秋葉原のジャンクCPUでもあたったほうがよっぽど含有率は高いわけだが。
金品位が高いことで知られる菱刈鉱山で1トン当たり30~40グラムしか金はとれないのだ…
土肥金山には1トン当たり600グラムの金と7200グラムの銀を含む鉱石が展示されているが、
菱刈鉱山の1万倍と同様特殊な例と思われる。



[PR]
by murakumolabo | 2018-05-06 04:13 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

野宿…さて何を食べよう

ゴールデンウィーク前半が終わった…
さて、いかがお過ごしでしょうか?

後半はテントを背負って出かけたいと思うのだが、
私の旅のスタイルは、リュックにテントから何から詰め込んで、
できるだけ公共の交通機関を使用するというもの。

当然のことながらリュックに背負える量には限界がある。
最近は、カメラや三脚は諦めがちである。

野宿に必須なのは、テント、マット、寝袋、雨具などであるが、
ここでは、食糧と調理器具に関して考えてみよう。

家族連れのオートキャンパーはバーベキューセット一式を車に詰め込んで、
バーベキューを作ったりする。
むしろ、こちらが目的であり、オートキャンプ場によっては、道具はレンタルでき、
食材を持ち込むだけと言う所もあるようだ。

リュックに、バーベキューセット一式と食材を持ち込むのは困難である。
必然的に、最小の食材・調理器具でできるだけ美味しいものを…となる。

まず第一に、コンビニのおむすびや惣菜パン。
調理器具なし。
かさばらない。
現地調達がかなりの確率で可能。
ゴミは包み紙のみ。
…最強すぎる…
…が…味気ない。

よし、フリーズドライの味噌汁もつけよう。
調理器具
・湯沸し用コッヘル
・箸
・火器+燃料
食材
・フリーズドライ味噌汁
・飲料水

いや、米は炊こう。
調理器具
・炊飯用コッヘル(蓋必須)
食材
・米(とぎ汁は自然にやさしくないので無洗米)

カレーにしよう。
調理器具
・レトルト用コッヘル
食材
・レトルトカレー

いや…カレーくらい作れよと言いたいところだが、
肉や野菜を運ぶのが大変だ…
カレーに味噌汁は合わないので、スープ
また箸ではなくスプーンが必用だろう。

ここまで必用なものを整理しよう。
調理器具
・コッヘル×3
・スプーン
・火器+燃料
食材
・フリーズドライスープ
・飲料水
・米
・レトルトカレー

さて、ここまで書いておいてだが…
実はカレーはあまりキャンプ食としてよろしくない。
そもそも米は焚くのに時間がかかるし、食べ終わった後の片づけが大変である。
米を一粒残らず食べたとしても、コッヘルに付着したでんぷん質を洗い流さなくてはならない。
水がふんだんに使える前提であるし、自然にもやさしくないだろう。
そして、カレー…最悪である。
洗うのもさることながらにおいが取れないのだ…
米は容器を捨てるだけのアルファ米というのもあるのだが、
わりとかさばる印象がある。

ではパスタはどうか?

具入りのインスタントラーメンフォー春雨
これなら、はぼ味噌汁と同じ装備で食べることができる。
ボリュームが足りるかどうかは別として。

スパゲッティはどうか?
空飛ぶスパゲッティモンスター様の加護が得られること間違いなし。
あえるだけパスタとかもあるし…
ネックはゆで汁である。
コレを垂れ流すのも自然にもやさしくないだろう。
某焼きそばの如くスープとして再利用するにも量が多い…
一部、スープにして翌朝スープとビスケットと言う手も…

まぁ結局のところ趣味の問題なので、何を食べても…(結局それかい)
釣った魚をさばいたり、採取した山菜やキノコを調理すると言うのもありだろう。
採取系の人は毒には気をつけよう。

最後にマイクッカーを晒してみる。
b0084270_01282262.jpg

下記が全てメスティンの中に収納されている。
b0084270_01285130.jpg

・折りたたみ箸
・折りたたみスプーン
・折りたたみフォーク
・すのこ
・軽量カップ
アルコールバーナー
・スキットル(燃料アルコール入れ)
・小型漏斗(たわしの下に収納している)
・風防×2
・五徳
・取っ手
・ライター・火打ちなど×3
・スチールウールたわし
・調味料入れ(塩)

これをフキンと一緒にアミに入れている。
また、別途、リュックのサイドにシェラカップを取り付けている。
山クッカーツンドラ3ミニも持っているが、
箸なども一式中に入れて持ち運べると言う点でメスティンシステムに及ばない。
その代わり、つくれるものはコッヘル1つでつくれるものに限られるが。

クッカーの収納も奥が深く、バーナーを自作したりする人もいたりする…

[PR]
by murakumolabo | 2018-05-01 02:02 | アウトドアギアについて | Trackback | Comments(0)