月に叢雲 花に嵐

ソフトフォーカスな桜

桜の花にはソフトフォーカスがよく似合う
b0084270_23255406.jpg
b0084270_23260626.jpg
b0084270_23261385.jpg
b0084270_23253544.jpg
b0084270_23263436.jpg
b0084270_23261763.jpg
b0084270_23255925.jpg
b0084270_23243835.jpg
b0084270_23245203.jpg
ソフトフォーカスレンズは名前の通りやわらかく撮影するためのレンズであるが、
ハイライトのにじみも特徴である。
このにじみを利用してあたかも被写体自体が光を放っているように撮影することができる。
この撮影のルールは被写体自身が明るくなくてはならないこと。
そして、背景が暗いことだ。
背景の方が明るいと、2枚目の写真のように背景に負けてしまう。
桜にソフトフォーカスが合う理由は、透過光時の花の明るさと、
幹の暗さによる。

ソフトフォーカスレンズにこのようなにじみが生じるのは、
球面収差をあえて残しているからだ。
昨今はレンズは新しくなくてはならない。収差は許されないと言う風潮があるが、
収差の無いシャープなレンズばかりと言うのもおもしろみにかける。
もっともシャープなレンズでもソフトウェアで加工したり多重露光やフィルターを使えば
同等の効果を得られることがあるかもしれない。
しかし、球面収差をあえて残したレンズのソフトには何とも言えない味がある。
収差のあるレンズは収差を生かした撮影をするのが筋と言うものだろう。

使用レンズ
・EF135mm F2.8
・SP 90mm F/2.5
・VK50R 50mm F4.5 SOFT
・VK70R 70mm F5 SOFT
・MC SOFT 35mm F4
・Velvet 56 56mm F1.6

フィールドメモ

原木山 妙行寺
桜の見学は無料
東西線「原木中山駅」徒歩8分

天文7年円増院日進上人により開山した日蓮宗の寺院。


[PR]
by murakumolabo | 2018-03-27 00:53 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mmlaboblog.exblog.jp/tb/28213328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード