月に叢雲 花に嵐

タグ:EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM ( 7 ) タグの人気記事

モバイルノートについて

私はThinkPad i Series s30と言うノートパソコンを愛用してきましたが、
このノートパソコンの最大の売りは、
コンパクトでありながら、10時間近く持つFull Dayバッテリーの存在でした。
しかし、先日、このバッテリーパックがついにお亡くなりになり、
代価品はもはや存在せず、
バッテリーのリフレッシュは2万円以上の費用がかかると判明。
今更、この機種の延命にこれだけの費用を投じる価値があるかと言われると、
厳しいと言わざるえません…

ThinkPadはs30以降、比較的コンパクトな機種も展開してはいますが、
s30並にバッテリーの持ちを良くするためにはいろいろオプションのバッテリーを買わなくてはいけませんでしたが、
X200でようやく9セルバッテリーが復活し、カタログでは12時間持つことになっています。
かなり気になる機種ですね。

一方で、持ち歩きPCにはマシンパワーは必要ないので、
最近流行の低価格ネットトップ機も気にしていますが、
消費電力の低い構成をとっていながら、
コンパクトさに主眼を置いていることが多いため多くの機種でバッテリーの持ちはイマイチ…
しかし、Eee PC 901-Xはカタログスペックで8時間持つことになっており、
価格も6万円程度とこれまたかなり気になります…
問題はSSDの容量でドライブCが4GB、ドライブDが8GB…正直、ちょっと厳しいですね。
Eee PC用の大容量SSDなども発売されましたが…

さて、今日の写真です…

b0084270_083199.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(27mm)
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/50秒 EV0.0
ISO感度200 分割測光 オートホワイトバランス

b0084270_0113441.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 分割測光 オートホワイトバランス

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-10-02 00:11 | 写真日記

早春の花名所情報

木曜日、金曜日と良い天気が続きましたが、
土曜日はイマイチ…

今日はちょっと行徳の野鳥の楽園までパトロールに行ってこようと思います。
ここは蝋梅やまだ咲いてないでしょうが河津桜や木蓮もあったはずなので…

さて、これからのシーズン各所で早春の花が咲き始め
いわゆる名所と呼ばれる場所ではイベントも行なわれますが、
いくつかピックアップしてみました。

小田原梅まつり
2/2~29まで。
天気がよければ富士山を背景に梅林の写真が撮れるらしく、
また曽我梅林では2/11に流鏑馬のイベントもあるようです。
かなり行きたいですが、遠いなぁ…

河津桜まつり
2/9~3/10まで。
すでに咲き始めたようですね。
ここも電車で行くには遠いなぁ…

高尾梅郷梅まつり
3/8・9。
昨年参加しました。
梅だけでなく、日影沢のあたりでは、ハナネコノメも咲いていました。

節分草まつり
3月中旬。
リンク先は昨年のものですが…
このあたりは福寿草やカタクリの名所が多いですが、
交通の便が…

他にご存知な情報がありましたら、
コメントやトラックバックでお教えいただければありがたいです。

今日の写真は今週の在庫から…

b0084270_1051728.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(21mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/50秒 EV0.0
ISO感度400

雪の日比谷公園です。


b0084270_10541944.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(18mm)
絞り優先AE F11.0 シャッタースピード1/60秒 EV0.0
ISO感度200

翌日の日比谷公園…影遊びです。
うっ…水平が出てない(汗)
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMは逆光に弱いですねぇ…
ゴーストにパープルフリンジに…

私はハンドストラップE1を愛用しているのですが、
三脚穴を使用しないと言うメリットはあるのですが、
1D系以外はバッテリーグリップをつけないと使用できないので、
KissデジタルNにカメラグリップLH(C.Grip LH)をつけてみました。

このグリップはカメラのホールディングを向上させるストラップで、
両側にストラップ用の金具があるカメラに使用でき、
右の金具と三脚穴に取り付ける金具を使って固定します。
(ニコン純正もこれと同じ方式を採用していますが、
このやり方だと三脚使用時の安定性を損ないます。)

KissデジタルNは軽快さが売りなのでバッテリーグリップはつけたくありませんし、
三脚もまず使わないのでこれで良いかなと…

…ただ三脚を使わない分、
手ブレ補正がある方が安心できるので、最近出たEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISが微妙に気になっていますが、
やはり、写りが良くてコンパクトな単玉が欲しいですね。

その点ペンタックスはデジタル専用のコンパクト単玉が多いですが、
ペンタックスのボディは大きめですし、
焦点距離も換算24mmとか28mm、50mmと比べるとちょっと使いにくそうですね(汗)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-01-26 11:10 | 写真日記

ペンタックス

ペンタックスが新製品を出してきました
昨年HOYAとのごたごたがあり、
今年の3月末には完全に吸収され、
今後の展開が危ぶまれていましたが、
ユーザーから見たら、尚予断は許せませんが、やっと一息…と言ったところでしょうか。

かつて、コニカとミノルタが合併したときは、
それが原因のひとつでデジタル一眼の投入が遅れ、
結果として、致命傷となった…と言う過去がありますが、
このタイミングで新製品が投入できる…と言うことは、
HOYAに完全吸収後も即座に事業縮小…などはならないと思われます。
…あとは、4月以降どうなるか…
歴史ある名門だけに、なんとか生き延びて欲しいものですが…。

(最悪の見方をすれば、4月以降、事業縮小が見込まれるので、
吸収前に出せる分だけだした可能性も否定できません。
中級機とエントリーモデルが同時に発表したのは
旧ペンタックス側の危機感のあらわれなのかも…う~ん…)

さて、発表された新商品ですが、
ライブビューはK20Dのみながら、
既存の機能に加え、
K20D、K200Dともに防塵防滴、ダイナミックレンジの拡大も備え、全部入り路線ですね。

デザインに関しては、当初、K200Dはシルバーモデルもあるかと思いましたが、
どうも海外モデルだけのようでした。
…ペンタックスSP風のコンセプトモデルは人気なかったのかなぁ…

K20Dは大きさはほぼ既存のモデルと同等で、K200Dはやや大型化。
…これは…かつて、オリンパスとコンパクトさを競ったメーカーと言うことを考えるとちょっと残念ですね。

2桁、3桁が出ているので、フルサイズセンサーの1桁を期待していましたが、
ニーニッパやサンヨンがDAで出たので、
ペンタックスがフルサイズセンサー機を出すことは
少なくとも当分はないでしょう。


また、キヤノンもEOS Kiss X2を出しましたが…これは…言うことないですね。
今年のキーワードは全部入り。
エントリーモデルでライブヴュー…
K200Dに対するイジメでしょうか(苦笑)
…まぁこちらは防塵防滴がありませんが。

私的には相性の出やすいSDカード変更ははうれしくありませんし、
オートライティングオプティマイザ機能は正直気持ち悪い…

コンパクト化はXと比べるとそこそこですが、
Nと比べると5g軽くなっただけですね。
あとは…なにげにXまであったシルバーモデルがなくなったようです。

まぁ出し惜しみせずに手堅い進化をした…と思います。

フルサイズ機も今年中には発表があるでしょうが楽しみですね。
オートライティングオプティマイザ機能とやらはいりませんが…

レンズに関しては、お金持ちの鳥撮りの方はEF800mm F5.6L IS USMが気になるのかな…。
ロクヨンよりも軽くて、微妙に大きく撮影でき、手ブレ補正が強化され、
1D系を使えばEXTENDER EF1.4×IIと併用しても、中央センサーは動作するようです。


前が長かったですが、一応今日の写真を…

b0084270_2358599.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(18mm)
絞り優先AE F11.0 シャッタースピード1/100秒 EV0.0
ISO感度200

1月24日は風は強いもののとても良い天気でした。
たぶん前日の雪が都会の空にたまったよからぬものを洗い流してくれたのでしょう。
23日と同じ場所で写真を撮りましたが、
雪は跡形もありません。
都会も日が落ちるのが早く、
この季節だと、この時間では影が長くなっています。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-01-25 00:09 | 写真日記

雪やこんこ

豪雪地帯にお住まいの方…すみません。
でも、この地球温暖化が騒がれるご時世に、こちらで雪が降ることなんてめったにないもので…

う~ん…2年ぶりくらいかなぁ…
あの年は、春が遅れて、
石砂山にギフチョウを撮りに行った時、
麓では梅と桜とツツジが同時に咲いていました。
今年はどんな春になるのでしょうか…

さて、1月23日は都心部でも雪でした。
夕刊を見ると、各紙都心の雪景色の写真が掲載されていましたが、
さすがに上手いですね~。

それらには遠く及びませんが、
私も撮ってみました。

b0084270_0565826.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(18mm)
絞り優先AE F3.5 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度200 内蔵ストロボ使用

日比谷公園も人が踏みこまない所は真っ白でした。

先日の予告通り、ストロボを使用し、開放で撮影しましたが、
雪の表現としてはなかなかおもしろいものができました。
…写真全体からみるとアレですが(汗)
こういうのは三脚をすえて多重露光か、
ストロボを連続発光…とかをやると派手なのが撮れるでしょうね。


b0084270_195733.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(18mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/50秒 EV0.0
ISO感度400 内蔵ストロボ使用

実のところ公園を突っ切った時にはほとんど雨になっていましたが、
ベンチにもうっすらと雪が積もっていました。

見慣れた景色も雪に覆われると違って見えるものですね。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-01-24 01:18 | 写真日記

10月1日 9月19日日比谷公園にて

私が現在愛用しているカメラバッグはトゥルーリースポーツザックです。

これは
EOS-1D Mark II N、
EOS KissデジタルN、
EF300mm F4L IS USM、
EF135mm F2L USM、
EF100mm F2.8 マクロ USM、
EF85mm F1.8 USM、
EF50mm F1.4 USM、
EF17-40mm F4L USM、
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE、
EXTENDER EF1.4×II、
スピードライト580EX、
デジタル接写リングセット
…を同時に収納することができ、
かなり大きい三脚を中央に固定でき、
現在の所、コンパクトさや疲れにくさでも期待を裏切らない性能を示しています。

おそらく電車で移動するにはこのサイズが限界であり、
また、長時間背負って歩くにしても、このあたりが限度だと思われます。

つまり、あとは入れ替え以外はレンズなどをフィールドに持ち出すことができない…ということを意味します。

…仮に、EF24-105mm F4L IS USMとEF70-200mm F4L IS USMを導入するとして、
EF24-105mm F4L IS USMはEF135mm F2L USMとそう変わらないサイズだから良いとして、
EF70-200mm F4L IS USMはレンズ3本分ほどのスペースが犠牲になる…
…接写リングセットとEF85mm F1.8 USMとEF50mm F1.4 USMを外せばいけそうかなぁ…

EF17-40mm F4L USMの画質が良いので、
小三元揃えたい病が発症したみたいです(汗)

さて、そろそろ花期も終わりつつありますが、今日から彼岸花の写真になります。

b0084270_2132884.jpg
EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(52mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度400

b0084270_2184496.jpg
EOS KissデジタルN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM(52mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/125秒 EV0.0
ISO感度400

この日は、そろそろ彼岸花の季節…ということでKissデジタルNのレンズキットを持っていき、
お昼休みに日比谷公園で撮影してきました。
…このレンズ…もう少し良く写っていたと思いましたが…こんなものだったかなぁ…(汗)
…曇っているとは言え、ぶれるシャッタースピードでもないですし…
[PR]
by murakumolabo | 2007-10-01 02:56 | 写真日記

3月16日 3月11日裏高尾

今週末も微妙な天気ですが、今度は高尾山の反対側でカタクリを狙ってみようかなぁ…
裏高尾でも圏央道に反対する看板が多数見られました。
工事はそれ程進行していないようでしたが、
どうも…蛇滝あたりに穴を空けようとしているようで…
…反対側は込縄林道周辺に穴を空けてましたし、
…もしかして、わざと自然が豊富な場所を狙って工事をしているのかと邪推したくなります。

込縄林道は昨年歩きましたが、ここもかつてはヒラヤマコブハナカミキリのスポットでしたが、
昨年見たときはかなり悲惨な状態でした。

さて、3月11日の裏高尾の写真は、

b0084270_2301997.jpg
EOS Kiss Digital N + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM 18mm
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/250秒 ISO感度100 露出補正EV1.0

梅の写真は初日にアップしていますが、
自動車や中央自動車道が写り込んでいたので、普通のも一枚あげておきます。

b0084270_2343372.jpg
Caplio GX8 プログラムAE
焦点距離 17.4mm F値 4.3 シャッタースピード1/203秒 ISO感度 64
露出補正 EV0.0

圏央道に反対する看板は無数にありましたが、とりあえず一枚アップします。
[PR]
by murakumolabo | 2007-03-16 02:37 | 写真日記

3月12日 3月11日裏高尾

11日…自宅を出発した時は大雨でしたが、
雨天決行を決めていたので出発。

装備は防水カバーをつけたタウンザックSの上段に
EOS-1D Mark II NとEF300mm F4L IS USMとEXTENDER EF1.4×II、
下段に
EOS Kiss Digital NとEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMとEF-S60mm F2.8 マクロ USM
雲台を高精度自由雲台に換装したトラベルスプリント、
ポシェットに入れ、リュックに取り付けた各種バッテリーやメディアの予備や、アングルファインダー等のオプション。
ポケットにGX-8とビーンズバッグ
やや多きめの傘…
…と言う装備。

JR高尾駅に到着した時は小雨になっていましたが、
うっかり南口に出てしまったので、大回りして北口から小仏行きのバスにのり、
日影で降車。

小下沢梅園まで移動するもまだ雨は続いており、
木下沢林道を歩き、北高尾山稜への分岐から富士見台まで登ることにしました。

折からの雨で岩は滑りやすく、土は崩れやすく、
杉林の中をジグザグに歩く道は恐ろしく単調で、
何度も引き返そうと思いましたが、
結局、富士見台まで登りました。
山頂付近につく頃は雨は上がりましたが、富士山が見えるほどではありませんでした。

その後、同じ道を降りましたが、途中スリップして、
サンヨンにダメージがいってしまいました。
幸い、撮影に影響は出ませんでしたが、これは早々にサポート行きかなぁ…(嘆息)

スミレは咲いていましたが、まだまだ冬の様相。
次に訪れる時は、1ヶ月は後になるでしょうが、だいたいのポイントはつかめたように思うので、
よしとします…

しばし小下沢梅園で撮影したあと、
そのままJR高尾駅まで撮影をしながら歩いて引き返しました。
さすがに晴れてきたので、梅見の客で賑わい、スタンプラリーの場所には、
屋台が出たりしていました。

JR高尾駅で電車に乗った後は、ほとんど寝てました。


…では11日に撮影した小下沢梅園の写真を…

b0084270_2151636.jpg
EOS Kiss Digital N + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/160秒 ISO感度100 露出補正EV1.0

珍しくソフト上でやや暗めに修正しています。
この写真の意図は、梅園の大規模さを伝えるためですが…
…駐車している車がかなり邪魔です…


b0084270_2202868.jpg
EOS Kiss Digital N + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 ISO感度100 露出補正EV1.0

こちらの意図は天気の良さを伝えるためですが…中央自動車道が邪魔です(汗)

朝方雨は降ったものの、昼以降は風もなく、みごとに晴れました。
ギフチョウがもう羽化しているなら、こんな日には姿を見せてくれるのではないでしょうか…
もう一駅乗って、石砂山を目指しても良かったかもしれませんね。
[PR]
by murakumolabo | 2007-03-12 02:26 | 写真日記