月に叢雲 花に嵐

タグ:03 ( 9 ) タグの人気記事

ハナニアラシノ…

b0084270_144446.jpg

b0084270_144889.jpg

b0084270_1441062.jpg

b0084270_1441340.jpg


03 FISH-EYEなので露光時間は2秒。
マニュアルフォーカスによるピント合わせは深度の深さに救われているのだろう。
明るさと色味はタングステンフィルム調に調整している。
わずか2秒だが風が大きく木を揺すっている…

「勧酒」于武陵
勧君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離

君ニ勧ム金屈巵
満酌辞スルヲ須イズ
花発ケバ風雨多シ
人生別離足ル

井伏鱒二訳
コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-04-06 23:59 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

東の国の眠らない夜

b0084270_249141.jpg

b0084270_249920.jpg


PENTAX Qシリーズの特徴は撮像素子の小ささだろう。
センサーの小ささは、画質はたいしたこと無いのと引き換えに、
被写界深度の深さとレンズをコンパクトに設計できる利点を得ている。

私のPENTAX Qの位置づけは不調のGX200に代わるカメラである。
GX200よりも画質が良く、GX200ほどの汎用性が無い。
…まぁ汎用性に関しては今後のレンズの展開次第だろう。

PENTAX Q用のレンズは2種類のレンズがラインナップされいる。
高性能レンズ シリーズは
01 STANDARD PRIME、02 STANDARD ZOOM、06 TELEPHOTO ZOOM、08 WIDE ZOOM
ユニークレンズシリーズは
03 FISH-EYE、04 TOY LENS WIDE、05 TOY LENS TELEPHOTO、07 MOUNT SHIELD LENS

私が所有しているのは
01 STANDARD PRIME、02 STANDARD ZOOM、03 FISH-EYEのみである。
短焦点レンズはさすがの解像度ではあるが、
02 STANDARD ZOOMはペンタックスのズームレンズに不信感を抱かせるに十分の出来である(笑)
思えば、35mmでも67でもペンタックスで使用していたのは単焦点レンズばかりであった…

さて高性能レンズ はレンズシャッターを採用しており、30秒までの露光が可能になっているが、
ユニークレンズはそんなものはついていない。
…と言うかオートフォーカスも絞りさえついていない…
ユニークレンズの絞り制御は電子シャッターによって行われ、
最大露光時間はわずかに2秒…

必ずしも明るいとは言えない03 FISH-EYE(3.2mm F5.6固定)で夜景を撮るのは、
正直、厳しいのだが、東の国の夜は眠らない…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-04-05 23:59 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

03魚眼でマクロ

先週降った大雪は、まだ少し残っている。
山梨では140年ぶりの大雪と言われ、流通がストップする事態になったそうだ。
県紙の山梨日日新聞は20万部の発行部数だったが2万部しか配れなかったそうだ。
こういう話はあまり聞かない。

痛ましいことに10人を超える被害者が出てしまったが、
我らが安倍総理は悠然と天ぷらを食べていたそうだ。
頼もしい限りである。
この分だと、中国から宣戦布告されても、北朝鮮が核ミサイルを撃ち込んできても、
再稼動した原発が爆発四散したとしても、菅のようにおたおたすることなく、
悠然と天ぷらを食ってることだろう。
軍国主義を目指すからにはそうあるべきなのだろう。


さて、ウクライナの政権が崩壊したようだ。

隣国のロシアでオリンピックが開催され、
日本で某東京五輪・パラリンピック組織委員会会長氏が、いつも転ぶとか、
いや転ばない…とかやっている間、とんでもない惨事になっている。

もともとウクライナは、
エネルギーを依存するロシアと友好的な親露派と親米派が激しく対立していた。
2004年にチェルノブイリ原子力発電所を閉鎖し、親米から親露へと鞍替えした、
クチマ大統領の任期満了に際して、
親米派のユシチェンコと親露派のヤヌコビッチが争い、
ヤヌコビッチが勝利した…かに思われた。
しかし、不正選挙と、デモ、アメリカの圧力などで再選挙となり、
ダイオキシンで顔が変わったユシチェンコが大統領となった。
これをオレンジ革命と言う。

しかしユシチェンコ大統領はオレンジ革命の盟友ティモシェンコとくっいたり離れたりしながら、
下り最速で支持を失い、
2010年の大統領選挙では、決勝にも残れず、
選挙はヤヌコビッチとティモシェンコとの争いとなった。

結局、ヤヌコビッチが大統領となり、
ティモシェンコはロシアとのガス契約などで職権乱用した罪で投獄。
しかし2012年の選挙で地域党と共産党からなる与党は少数派になっており、
ロシアからの圧力でEU加盟を見送った結果、大規模なデモが起こり、
警官と衝突し今回の多数死者が出る大惨事が発生。
結果、ヤヌコビッチは首都から逃亡し、国からも逃亡しようとしたところ失敗。
投獄されていたティモシェンコ元首相は釈放された。

現在トゥルチノフ議長が大統領代行に就任しているが、
選挙が行われたら勝つのはおそらくティモシェンコ…
…でも、これでは終わらないだろう…なぜならティモシェンコは親露派だから。


一方でその隣国のベラルーシではルカシェンコ大統領が悪の枢軸をやっているが、
エネルギーを楯にとられほぼロシアの傀儡になっている。


1986年のチェルノブイリ原発事故から今年で28年たつ…
…これが25年後の日本の姿かもしれない。


幸い、日本は世界3位の地熱エネルギー埋蔵国であり、
海洋国家であるがゆえに波力発電や潮汐発電もその気になれば可能であり、
水力発電に耐えうる水資源も豊富であり、
南関東ガス田などもほぼ手つかずである。
また、水素と酸素から電気を作る燃料電池や、
水と二酸化炭素と太陽光から酸素とメタンガスを作る人工光合成も実用が間近にせまっている。

ウクライナのように、
エネルギーを楯にロシアとアメリカの間をふらふらした挙句、
国家が崩壊したり、
ベラルーシのようにエネルギー輸入国に事実上のっとられたり、
…と言うことはないはずだ。

まぁロシアのエネルギーによる支配に組み込まれないために、
アメリカは日本や韓国に大量に原発を建てさせたという感じもする。
また、ロシアがら安く天然ガスを輸入できれば、
これほどの貿易赤字にもならなかったのでではなかろうかとも思われる。
…無論、安部政権の円安政策が国富流出の根源ではあるのだが。

いずれにせよ、
日本においては可及的速やかに自前でエネルギーを生産できるようにするのが急務である。
原子力発電も燃料は輸入頼みであると言うことを忘れてはならない。

仮に単独で中国と戦争と言うことになったら、
中国国内の工場は接収されるだろうし当然輸入も途切れるだろう。
もし東シナ海の制空・海権が奪われてしまえば、
アラブ諸国、東南アジア、オセアニアからの物流が寸断されることも考えられる…

…まぁ、そうなったら、エネルギー以前にすでに終わっている気がしないでもない…


さて、本日の写真…
03魚眼マクロ…
ボディは次々出てくるがレンズは出てこない上に、
やたらと高い純正のマウントアダプターでもAFできないという、
謎の仕様のPENTAX Qシリーズだが、
03魚眼は優秀。

AFできない上に、絞りF5.6固定…でも優秀。
シャッタースピードが2秒までなのがちと困るが…
08ワイドズームいらなくね?
…と言うほど優秀。
と言うかQ用ズームレンズはあの黒いプラスチックがダメだ…

今日はこの03魚眼で寄ってみた。

焦点距離は3.2mmに過ぎないがピント合わせはシビアだ…
ラーブビューで拡大して慎重にピントを合わせるが、
手ブレが…

b0084270_353058.jpg


b0084270_3532489.jpg

上のトリミング

パープルフリンジは出そうで出ない…。
ソフトでごまかしてるのかもしらんが…。

b0084270_3532875.jpg


b0084270_3533145.jpg

上のトリミング

後ピン…


PENTAX一応、2014年中に望遠マクロを出すことになっている。
しかしPENTAXはマクロでいつも苦労してる気がするのでどうか…
この小さいレンズもトキナーが造ってるのだろうか…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-02-24 05:10 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

2013年日比谷公園の紅葉

11月24日に市川市長選挙が行われ、即日開票された。
結果は、自民、民主、維新、公明、生活、社民の推薦を受けた現職の大久保市長の再選。
対抗馬は共産が擁立したのみ。

さて、大久保市長…
震災直後、千葉市・市原市とならんで、放射能汚染サンチュを出荷したことで知られる旭市の瓦礫をいち早く受け入れ、
処分場も無いのに東北の瓦礫を受け入れようとしていた市長です。

旭市の瓦礫を受け入れてなお、
市川市にひとつしかないゴミ焼却施設の放射性物質は、
柏市、松戸市、江戸川区、船橋市あたりと比べてかなり低かった。

いやーよかった。日ごろの行いが良いからだね…とか思える人がうらやましい…。
ゴミ焼却施設の放射性物質の量は焼却し、炉内に残存した灰から計測する。
つまり、他市と比べて低い分は、実は煙突から飛んで行ったのではないかと言う疑惑がちらつく…

巷間浮説にすぎないがこのような噂があったのも事実。

しかし、生活や社民まで瓦礫市長の推薦にまわるとはどう言うことだろうか…
まぁ選挙の争点がそこではなかった…と言えばそれまでだが…

そういえばプリティ長島は大久保市長のトイレが無いのに瓦礫受け入れに対して拍手喝采していたなぁ…

ゴミを引き受けてもらっていた秋田で引き受けを拒否されるなんてこともありました…あれは松戸が悪いのだが…

…まぁ過ぎたことはしょうがない。

問題はこの選挙の投票率が21.71%しかなかったことだ…


さて、トイレが無いと言えば、ここ最近、
小泉元総理がそれを理由に脱原発の動きを見せている。

それを受けてか最終処分場建設の話がもちあがっている…

これまた噂ではあるが千葉県に建設予定だそうだ

まぁ選挙に21.71%しか投票に来ない県民性であるのなら、故郷が核汚染されるのもある意味相応なのかもしれないと思わぬでもない。

…でも最近千葉県地震多いんだけどなぁ…
元禄大地震の時も千葉はかなり被害を受けているはずだ…
そこにオンカロのような施設を建設と言うのは正直考えたくも無いですね。
自分が千葉県に住んでいると言うことを差し引いたとしても。

さて、11月に撮影した日比谷公園の紅葉の写真です。

b0084270_314613.jpg

b0084270_324635.jpg

b0084270_3305.jpg

b0084270_33638.jpg

b0084270_332035.jpg

b0084270_332790.jpg

b0084270_335116.jpg

b0084270_335770.jpg

b0084270_341253.jpg

b0084270_342096.jpg

b0084270_342345.jpg

b0084270_342780.jpg

b0084270_343125.jpg

b0084270_343593.jpg


…一部ストラップが写り込んでるなぁ…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-12-02 03:57 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

首かけ公孫樹の落葉と紅葉

第46回衆議院議員総選挙は予測通り自民党の圧勝で幕を閉じ、
結果第二次安倍内閣が成立した。

投票率は過去最低の59.32%。

この選挙の結果、痛感したのは、
やはり日本の政治は自民党を中心に回っていると言うことである。
自民党(既存利権)か反自民か。
今回の選挙は反自民が、民主・維新・みんな・生活などに分散したので、
結果として自民有利に働いた。

小選挙区300議席中79%にあたる237議席を自民が占有したが、
自民党の得票率は43.0%にすぎなかった。

一方比例の得票率は、
自民27.6%→57議席
民主15.9%→27議席
維新20.3%→40議席
公明11.8%→22議席
みんな8.7%→14議席
未来5.6%→7議席
共産6.1%→8議席
社民2.3%→1議席
大地0.5%→1議席
国民0.1%→0議席
改革0.2%→0議席
幸福0.3%→0議席

政党の支持率としては、自民の支持率は27.6%にすぎず、
小選挙区の支持率のうち11.8%程が創価票であったのだろう…。
また、(あの支離滅裂さで)維新が2位につけていた。
石原と立ち枯れ老人ズのために破綻したが、
もし、維新とみんなが選挙協力していたら、
自民の支持率を大きく上回っていた可能性がある。(政策的にこちらの方がマシであった…と言うことでもないが)
これに関しては小泉が竹中経由で維新に石原を押し付け(小泉と石原は遠い親戚である)たのが原因と言われている。

いずれにせよ、既存利権の代表たる自民党が程よく(中途半端に勝って大政翼賛をやられるよりマシという意味で)勝利したので、
脱原発は遠のき、公共事業にわんさか金を使い、インフレ政策を是とする方向に舵を切った。

平成25年…癸巳…どのような年になるだろうか…
夏に参議院選挙があるが、結果次第によっては…あるいは不安要素はその前にも…
鬼畜中韓、撃ちてし止まむ、進め一億火達磨だ…この道はいつか来た道…

さて、本日の写真です。

b0084270_430828.jpg


b0084270_4301412.jpg


b0084270_4301912.jpg


b0084270_4302569.jpg


b0084270_4303719.jpg


b0084270_4304259.jpg


b0084270_430477.jpg


b0084270_4305310.jpg


b0084270_4305841.jpg


b0084270_431322.jpg


b0084270_4311877.jpg


b0084270_4312416.jpg


b0084270_4312986.jpg


すでにこの日比谷公園の鶴の噴水が凍りつくような季節になってしまったが…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-12-30 04:52 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

よくわかる衆議院選挙

12月4日に衆議院選挙の公示が行われ、16日が投票日となっている。
世論は予想通り自民党勝勢。単独過半数を報じるメディアもある。

さて、衆議院。
選挙前の段階で、全480議席、
うち、
民主党が230議席
国民新党が3議席
自民党が118議席
公明党が21議席
日本維新の会が11議席
みんなの党が8議席
日本未来の党が61議席
新党大地が3議席
新党日本が1議席
社民党が5議席
共産党が9議席
その他9議席
欠員1議席

今回の選挙の候補者総数は1504人
うち、
民主党が267人
国民新党が3人
自民党が337人
公明党が54人
日本維新の会が173人
みんなの党が69人
日本未来の党が121人
新党大地が7人
新党日本が1人
社民党が33人
共産党が334人
幸福実現党が62人
擁立している。

さて、衆議院の定数は480議席。
過半数を確保するには241以上の議席が必要である。
…つまり、自民・民主・共産(笑)以外の政党は、
単独過半数は不可能であり、
政権をとるためには連立が前提…と言うことになる。

公明党は自民と強固なタッグを組んでいる。
宗教は人民の阿片であると言われるが自民の阿片でもあるようだ。

日本維新の会は党首の石原が自民党と組む発言をしており、
自民党と組む公算が極めて高いが…自民と公明で過半数を占めた場合、
出番はないだろう。
ただし、憲法改正に関しては2/3以上の議員の賛成が必要であり、
自民+公明+維新で321議席占有することは意味があるかもしれない。
ただし、衆議院でクリアしたとしても、
参議院ではまだ頭数が足りないし、憲法改正には衆議院の優越はないので、
当面は改正の心配はない。

憲法改正に関しては、
そう悪いことばかりではないかもしれないが、
改正しようとする人間の方に問題がある。
自民党あたりは憲法改定案を公開しているが、
自衛隊の軍隊化と基本的人権の尊重の削除を盛り込んでいる。
…この道はいつか来た道…
そんなことをやってる暇があるなら、
自民与党時代に造った原発と、民主党に政権が移るきっかけとなった消えた年金を何とかしろと。
それでも、世論調査の結果は自民が過半数に近い勢いなのである。

日本未来の党は…正直よくわからない。
政策を見る限り自民とも民主とも維新とも組みづらいように思う。

みんなの党は逆に自民とも民主とも維新とも組めそうだが…
…ゆえに存在感が出せないので苦しい戦いになるだろう。

民主党は…激減すると言われているが…どうなるかはわからない。
一応、現与党であり、自民の対抗馬と言う位置づけになってはいるが、
選挙後、自民+公明で過半数いかない場合、自民との大連立もありうると読んでいる。

民主党は参議院では少数与党だったが、
自民・公明が与党になっても、また維新系やみんなと連立してもねじれは解消されない。
しかし民主が政権に加わることで参議院は…おそらく衆議院も2/3以上与党と言う、
悪夢のような大政翼賛体制が出来上がる。
この数を持ってすれば、憲法改正の決議もたやすいが…さすがに民主党は難色を示すだろう…
ともかく、結局のところ悪名高い東電救済法案や消費税増税法案を通したのはこの3党なのだ。

では逆に自民+公明で過半数いかない場合、
反自民大連立はあるだろうか…民主+維新+みんな+未来ほか…
…残念ながら、民主も維新もみんなも未来と組むよりは自民と組みそうだ。

共産?ここは国会で正論言うだけでいい…正論を言うところがなくなっちゃうと困るけど。

正直、どう転んでも自民が与党になりそうだが、
それでも選挙には行くべきだ。
そしてマニフェストマッチくらいやって、各党のマニフェストをよく読んで、
わからないことは調べてから選挙に投票に出かけていただきたいものだ。
一応、民主主義国家では、
国の未来を決めるのは我々国民と言うことになっているのだから。

選挙後、TPPがらみでもうひと波乱ありそうだが、
これも自民党が勝てば勝つほど、波は小さくなる。
つまり自民が勝ちすぎると消費税引き上げ、原発再稼動は言うに及ばず、
問答無用でTPPが受け入れられてしまう可能性があり、
自民が勝ちすぎることなく、議題が紛糾すれば、政権再編の可能性もあると言うことだ。
今回の選挙はいささか出来レース的ではあるのだが、1票の価値は何気に重い。

さて、本日の写真…夜の公孫樹です。

b0084270_410277.jpg


b0084270_4104247.jpg


光は同じ…カメラのホワイトバランスが違う。
言ってることは同じでも、受け取る側が違えばまた違ったものに見えてくるものだ。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-12-09 04:15 | 写真日記 | Trackback | Comments(1)

紅葉 with PENTAX Q

オンラインの百科事典と言えばWikipediaだが、
世界で二番目にアクセスの多い百科事典はUncyclopediaである。

この百科事典で日本共産党を検索するとこんな感じ

日本恐惨湯とは、政府の腐敗症状の改善に効果が認められる医薬品の名前である。

○使用上の注意
●用法用量
・政府の腐敗や与野党の馴れ合いに対して
9議席以上を投与。
多量摂取による副作用も大きいが、議席が少なすぎると空気の汚れが目立ってくるため、下限を厳守すること。
・財界の横暴に対する容量
衆議院40院議席・参議院20議席、までとすること。


○組成内訳
・有効成分:85%(強酸糖。極めて強い酸性。青色リトマス紙に限らず全て赤化させる)
・遊離成分:15%(元有効成分。現在は変質しており効果は消滅)
・スパイs:1%以下(不純物。主にコーメイ糖であると推定されている)

○禁忌
以下の患者には使用しないこと。
1. 上位下達に慣れきり自分の頭で考えないことが快楽となってしまった患者。
2. 完全に補助金漬けになってしまい向上心と労働意欲が失われてしまった患者。


○副作用
●重大な副作用
・まれに革命を起こす場合がありますので、投与量にご注意下さい。
●その他副作用
・本剤の大量投与が長期間におよんだ場合、経済力・体力の低下が起こることがあるので、注意すること。
また、継続的投与により、体内組織内部の分裂(内ゲバ症・総括症)が生じる場合もあるので、少人数で引き蘢らせないよう注意すること。

日本恐惨湯は、使用上の注意をよく読み、用量用法を守って正しくお使い下さい。

…惨めに恐れるのか、惨事がくることを恐れ対策をたてるのか…それが問題だ…
2007年に吉井議員がチリ地震級の地震が起きた場合、
福島原発にも津波の影響があるのではと国会で質問していた
が、
一笑に付されたことがある。
その時の内閣は安倍内閣だったが…杞憂で済めばよかったのだが…
一方で、指摘した共産党もヨウ素を備蓄したりはしなかった。

…さて野田内閣が解散総選挙となったが、いやな時期に解散したものだ。
詰めろ逃れの詰めろをかけられた気分だ。

…さて、どこに投票するか…

民主党は論外、
自民党はもってのほか、
維新・太陽・みんなは…大飯再稼動でよくわかりました。
生活は…マニフェストは素晴らしいが、民主のマニフェストも素晴らしかったよね…

予想は自民圧勝。
維新・太陽は財界の支持は受けられないので伸びないと思うが、
自民が単独で過半数を取れず、維新・太陽と連立することで過半数を満たすなら、
公明党をあっさり切り捨てて連立する可能性あり。
こうなると増税・原発再稼動はもちろん、憲法改正やら徴兵制施行やら核武装やらにリーチがかかるが…
まぁ…国民の多くが望むならしょうがないよね?

しかし財界は…これらを望まないだろう。
…何しろ尖閣なんてくれてやれと言う論調だったし。
極論すれば彼ら多国籍企業にとって見れば、日本人1億人に不買されようとも、
中国人10億人が商品を買ってくれるのならば痛くも痒くも無いわけで…

政権奪取濃厚な自民党は、常に経団連や官僚の言いなりだったことを考えれば、
リーチがかかったところであがることはないかもしれないが、
現在の自民党執行部は史上屈指のタカ派揃いな上に、
トップがお腹痛いで政権を投げ出した方なので何が起こるかまったく予想がつかない。
何かの間違いで海底撈月にドラまでついて国民を直撃するかもわからない。

…富士山噴火の兆し、大地震の可能性、国際的な通貨危機の可能性、
領土問題、財政赤字、政治不信、少子化問題、雇用問題、消えた年金、医療崩壊、
TPPによる農業崩壊、国民皆保険崩壊、そして放射能汚染
…国死十三面待ちだからすでに海底もドラも関係ないかもしれない。

この国のこれらの症状を鑑みるに、恐惨湯の「財界の横暴に対する投与」分の投薬が必要になっていると考えられるが、
そこまで増殖することはあるまい。
この政党もマニフェストだけは素晴らしいと言う点では
生活と同じなのだが、生活がより胡散臭く見えるのはひとえに小沢先生の人徳と言うものであろう。

自然を愛するネイチャーフォトグラファーとしては、
緑の党支持にまわっても良いのだが、
ここに関しては小選挙区はおろか比例すら通るか微妙なところだ…
後は社民、緑の風、大地、亀井新党…有象無象でいずれも原発に関しては反対だが…
比例票が潰しあいになるのだが乱立は避けられなかったのだろうか…

…今回の選挙は、まさに皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ…と言う選挙なのだが、
すでに、竜王戦ニコ生解説の羽生三冠のアンケートのような状態であるとも言える。

まぁ…飯が食えなくなったら海で釣り糸をたらしておかずを一品増やすとしよう…
もはや、千葉の海も安全ではないのが悲しいけれど。

さて、本日の写真…
PENTAX Qによる紅葉…もとい、黄葉。
主に日比谷公園の首掛け公孫樹です。

b0084270_237516.jpg


PENTAX Q10が販売され、06レンズが追加されたが買う気は起きない…
やはり、この手のカメラは何気なく風景などを切り取るために使うことになるのだが…
01レンズの47mmでは狭すぎる…
02レンズの広角端、27.5mmでも尚狭い。
そこで、17.5mmの03 FISH-EYEの出番になる。
絞りF5.6固定、オートフォーカスなしのレンズだが、OKボタンで4倍に拡大すればピントをあわせられなくも無い…

b0084270_2319318.jpg


大公孫樹をすっぽり収めるにはこれくらいの画角が欲しい…
離れると邪魔物が多くなってしまう。
魚眼でも配置によって魚眼であることを目立たなくすることは可能だ。

b0084270_23231192.jpg


もともと、GX200の後継にどうだろうと購入したカメラなのだが、
レンズ3本も持って歩くとさすがにかさばる。
また、マクロに強くないため、完全にGX200をリプレイスすることはできなかった。
マクロレンズやGR21レンズなどが出てくれれば良いのだが…

b0084270_23252373.jpg


そう言えばKマウントレンズ用アダプターが発売されたようだ…
焦点距離は5倍になり、マクロも使えるらしいので、
マクロに関してはこちらで解決できるかもしれない…
コンパクトなシステムと言う点はスポイルされてしまうけれども。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-11-18 23:41 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

見慣れない「日常」見慣れた「非日常」

星史郎「そう言えば東欧にはチェルノブイリ並みに老朽化している原子力発電所があるらしいですね」
北斗「きゃはははっ。いつまでもつかっ!資源と原子力発電所ってか!?」
星史郎「それでも僕はこの東京が大好きですがね」
昴流「どうしてですか?」
星史郎「この地球でたったひとつ、滅びへの道を『楽しんで』歩んでいる都市だからですよ」
―CLAMP『東京BABYLON』

…20年くらい前の漫画ですかねぇ…
実のところ東欧の心配をしてる場合ではなかったのですが。
皆様におかれましては、滅びへの道を『楽しんで』歩んでいらっしゃいますでしょうか?

菅谷市長への金融ファクシミリ新聞の今年3/12のインタビュー「政府、汚染の深刻さを未だ理解せず」
…チェルノブイリで医療行為をしていた元医師の発言はあまりにも重いと思うのですがね…

さて本日の写真です。

b0084270_241157.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/15秒 ISO400

魚眼で地下鉄。見慣れない「日常」。

b0084270_241414.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/1250秒 ISO125

日比谷のオクトーバーフェスト。
見慣れた「非日常」。…これも実は魚眼ではあるけど…

b0084270_241796.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/500秒 ISO125

魚眼で日比谷図書館。すごいとんがり。
見慣れない「日常」。

b0084270_243147.jpg

PENTAX Q 01
8.5mm F1.9 1/25秒 ISO400

日枝神社 山王祭…開催されるのは今週末。
毎日のように公園で飲んでる人がいる。
江戸っ子だねぇ…
この神輿は行徳でつくられたものだそうだ。
見慣れた「非日常」。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-06-05 02:13 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

03レンズ

PENTAX Qの現在のレンズラインナップは
47mm相当の短焦点の01、
標準ズームの02。
あとの3本…03~05はユニークレンズと言う位置づけになっている。
何がユニークか…
まず、マウントがプラスチックである。
…精度?ん~!? なんのことかな フフフ…
マニュアルフォーカスレンズである。
オートフォーカスなんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ!
絞りが固定である。
我がレンズには絞りは無い…絞りはボケの美を損なう! わがレンズにあるのはただ開放全開のみ!!

本日は03レンズ…3.2mm(17mm相当)のフィッシュアイで撮影した写真を…

b0084270_238178.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/1250秒 ISO125

b0084270_2382258.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/160秒 ISO125 色いじってます

…なんか、太陽がこうなるのは撮像素子のせいのような気がしてきた…
ちなみに江戸川を河口あたりから東西線付近まで歩いたのですが、
ツバメは4羽見かけた…
定点観測しているわけではないので、普段がどれほどいるのかはわからないが…
河川敷はまだ0.16マイクロシーベルト出るところがあった。
最近は市街地の方は0.10~0.11あたりで安定しているのだが…
…むしろ江戸川と東京湾の汚染を考えるとこれからが本当の地獄なのかもしれない。
妙行寺に程近い真間川の三戸前橋も4700ベクレル出て注目されましたしね。

b0084270_2382998.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/1600秒 ISO125

b0084270_2383177.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/1250秒 ISO125

b0084270_2383442.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/500秒 ISO125

b0084270_2383738.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/800秒 ISO125

b0084270_2384039.jpg

PENTAX Q 03
3.2mm F5.6 1/640秒 ISO125

今回はグリーンボタンにAEロックを割り当てたので露出は快適だった。
3.2mm F5.6で豆センサーならピントは容易かと思いいや、
意外とシビアで、しかもピントリングはスカスカである。
しかも何故かマニュアルフォーカスの液晶の拡大設定ができない…
ついでにQの液晶は吐き出す写真よりもダイナミックレンジが低い。

…もう、ボディのユーザーインターフェイスはリコーに造ってもらったほうが良いんじゃぁないだろうか…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-05-14 23:59 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)