月に叢雲 花に嵐

タグ:花風景 ( 213 ) タグの人気記事

美味しんぼ騒動

鼻血が出るか出ないか…
ある意味どうでも…良くないが、
バッシングの構造が気持ち悪い。

…戦前の軍国主義者による反戦主義者のバッシングを見ているようだ。

あの時は、政府が戦争の情報を隠蔽していて、
日本は戦争に負けてしまった。

福島原発事故では、
政府は未だセシウムとヨウ素くらいしか認めていないが、
実際は放射性希ガスをはじめ様々な核種が放出されたであろう。

安全なのではない。
直ちに問題ないのかもしれないが、
…先のことはわかっていないのだ…
(過去の原発事故の事例を見るに、また公害の事例を見る限り未来が明るいとは思えないが)

そして、美味しんぼは次号から掲載休止になり、
最新号のゲラをあらかじめ環境省に提出したそうだ…
…これもまるで検閲のようだ。

安部内閣が集団的自衛権を行使できるように、
憲法をねじ曲げようと必死だが、
この国は上はもとより、下の方まで戦前回帰しているのかもしれない。

なるほど、「福島は住めない」どころか「日本も住めない」になるかもしれない。
とかくに人の世は住みにくい。

写真はだいぶ前の夜川を流れる桜の花…

b0084270_217358.jpg


b0084270_2171173.jpg


b0084270_2172573.jpg


スローシャッターが苦手なPENTAX Qだがこの程度は撮れる…
…あはれ花びらながれ…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-05-19 02:21 | 写真日記

散る桜 残る桜も 散る桜

――ホッホー、みなさん。
では、簡単にきょうの天気予報。
マングース衛星からの報告によりますと、
放射性降下物は正午前後にもっとも強まり、
のち、しだいに衰える見込み。
ですから、外出されるかたは――
フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

b0084270_23551670.jpg

b0084270_23551925.jpg

b0084270_23552395.jpg


…さしもの〈最終世界大戦〉の遺産も、すでにその威力を弱めつつある。
死の灰に生き残れなかった人びとは、とっくの昔に忘却のかなたへ去り、
そして、いまや威力の衰えた灰は、
しぶとい生存者たちと対決してその精神と遺伝子を錯乱にみちびいている。
鉛の股袋をつけていても、灰は――疑問の余地なく――それを通過して、
よそへ移住しないかぎり、日々に汚染を蓄積させていく…
…最近のポスターや、テレビCMや、政府からのダイレクト・メールには、
きまってこういう文句がはいっている――『移住か退化か! 選択はきみの手にある!』
まさにそのとおり、とリックは考えながら、小牧場の柵をあけ、電気羊に近づいた…
フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

これは小説の話に過ぎない。
しかし、チェルノブイリにせよスリーマイルにせよ、
この国のとっている対応ほど馬鹿馬鹿しい行動はとっていない。

先の戦争において、
この国は兵士の命を赤紙一枚でいくらでも徴収できる消耗品と考えていた節がある。
また、兵士たちも「自分だけ死なないのは仲間に申し訳ない」 …とばかりに玉砕していった。

「絆」とか「食べて応援」とはつまるところ玉砕主義ではなかろうか…
原発を再稼動しようとしていることも含めて…

マスコミや学者が安全だって?
馬鹿馬鹿しい…戦争中も大本営は日本大勝利を垂れ流していたではないか。
国連やIAEAも安全と?
彼らは被曝のデータが欲しくて仕方なかろう。
放射能は完全にブロックされている。我が軍の損害軽微なり。
そして政府は憲法改正ないし解釈変更で戦前回帰を目指す。
…まったく笑えない。

貴様と俺とは 同期の桜  同じ兵学校の 庭に咲く
咲いた花なら 散るのは覚悟  みごと散りましょう  国のため…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-04-07 23:52 | 写真日記

ハナニアラシノ…

b0084270_144446.jpg

b0084270_144889.jpg

b0084270_1441062.jpg

b0084270_1441340.jpg


03 FISH-EYEなので露光時間は2秒。
マニュアルフォーカスによるピント合わせは深度の深さに救われているのだろう。
明るさと色味はタングステンフィルム調に調整している。
わずか2秒だが風が大きく木を揺すっている…

「勧酒」于武陵
勧君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離

君ニ勧ム金屈巵
満酌辞スルヲ須イズ
花発ケバ風雨多シ
人生別離足ル

井伏鱒二訳
コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-04-06 23:59 | 写真日記

東の国の眠らない夜

b0084270_249141.jpg

b0084270_249920.jpg


PENTAX Qシリーズの特徴は撮像素子の小ささだろう。
センサーの小ささは、画質はたいしたこと無いのと引き換えに、
被写界深度の深さとレンズをコンパクトに設計できる利点を得ている。

私のPENTAX Qの位置づけは不調のGX200に代わるカメラである。
GX200よりも画質が良く、GX200ほどの汎用性が無い。
…まぁ汎用性に関しては今後のレンズの展開次第だろう。

PENTAX Q用のレンズは2種類のレンズがラインナップされいる。
高性能レンズ シリーズは
01 STANDARD PRIME、02 STANDARD ZOOM、06 TELEPHOTO ZOOM、08 WIDE ZOOM
ユニークレンズシリーズは
03 FISH-EYE、04 TOY LENS WIDE、05 TOY LENS TELEPHOTO、07 MOUNT SHIELD LENS

私が所有しているのは
01 STANDARD PRIME、02 STANDARD ZOOM、03 FISH-EYEのみである。
短焦点レンズはさすがの解像度ではあるが、
02 STANDARD ZOOMはペンタックスのズームレンズに不信感を抱かせるに十分の出来である(笑)
思えば、35mmでも67でもペンタックスで使用していたのは単焦点レンズばかりであった…

さて高性能レンズ はレンズシャッターを採用しており、30秒までの露光が可能になっているが、
ユニークレンズはそんなものはついていない。
…と言うかオートフォーカスも絞りさえついていない…
ユニークレンズの絞り制御は電子シャッターによって行われ、
最大露光時間はわずかに2秒…

必ずしも明るいとは言えない03 FISH-EYE(3.2mm F5.6固定)で夜景を撮るのは、
正直、厳しいのだが、東の国の夜は眠らない…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-04-05 23:59 | 写真日記

自転車で祖光院まで行ってきました

久々の更新です。

どうも今年はアバラを折るわ、
足が化膿して2倍の大きさになるわ、
おまけに持病の内臓が悪化するわでろくなことがない…

さて、9月の23日松戸の祖光院に行ってきました。
…自転車で…

b0084270_23591618.jpg


特に地図も調べずにテキトーに行ったので、
3時間くらいかかり、到着したのは4時ごろ。
GPSMAP買おうかなぁ…

さっそくGX200で撮影を試みる…

b0084270_041192.jpg


OH!
…手ぶれ補正の故障が再発したらしい…
オートフォーカスもなんか変だ…

仕方がないので、
撮影は-3補正でシャッタースピードを稼ぎ、
コントラストAFが見つけやすい白い彼岸花を中心に撮影する。

b0084270_075972.jpg


b0084270_08230.jpg


b0084270_08710.jpg


いずれもテレ端。
こういう群生地は望遠で撮影した方が密生感が生きる。

とは言え…やはり彼岸花の撮影でコンパクトデジカメは荷が重かった…
やはり、一眼レフに三脚装備で臨むべきだろう…
…自転車で運ぶのは厄介ではあるが…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-09-28 00:16 | 写真日記

桜月夜

b0084270_2142059.jpg

b0084270_2142364.jpg

b0084270_2144252.jpg

b0084270_2144524.jpg

b0084270_2144786.jpg

b0084270_214501.jpg

b0084270_2145539.jpg

b0084270_215784.jpg

b0084270_215918.jpg

b0084270_2152550.jpg

b0084270_215286.jpg

b0084270_2153076.jpg

b0084270_2153217.jpg

b0084270_2153481.jpg

b0084270_2153651.jpg


夜景を撮影する場合、やはり三脚はあったほうが良い。
使っているカメラがミラーレスなので、テーブル三脚のようなものでも十分だ。
レンズはなるべく明るいものを使用したい。
ISO感度は実用の範囲で。
ケーブルレリーズがあれば良いが、ない場合はタイマーを使用する。
撮影時、カメラには手を触れない。
使用しているのがテーブル三脚の場合、ベンチの上や床の上に三脚を設置することになるので、
構図が狂う。
大まかな構図を決めた後、
桜の花を中心にAEロックしておくのが無難。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-03-25 02:30 | 写真日記

露出オーバーソメイヨシノ

福島第一原発の停電の原因は…
大山鳴動して鼠一匹だったそうだ。

この騒ぎのさなか、大飯原発は9月まで稼動を延長し、
高浜原発3号機にMOX燃料を運び込んだと言う話だ。

MOX燃料は低レベル放射性廃棄物を再処理した燃料。
そのかわりプルトニウム多目。
事故ればフクイチ3号機状態の諸刃の剣。
シロウトにはオススメできない。

ネズミにかじられて停電するようなシロウトはさっさと原発諦めなってこった。


さて本日の写真…

b0084270_264443.jpg


杏満開

b0084270_27193.jpg


木蓮満開

b0084270_274633.jpg


先日一部咲いていたソメイヨシノの枝

b0084270_28329.jpg


紅白桜
枝垂桜とソメイヨシノが同時に咲いている…
…ありえん…

b0084270_294936.jpg


b0084270_2102114.jpg


紅白桜
手前はアマギヨシノと言う桜らしい。
奥のソメイヨシノよりも白く、
葉が出ている。

b0084270_2121886.jpg


桜は露出オーバー気味に撮るのが好きだ。
そして露出オーバー気味に桜を撮ると、
浦沢直樹のマスターキートンの15巻に収録されている「真実の町」を思い出す。

お偉いさんにもみ消される真実。
つい70年前の話。
そして、その時代に逆行するような世相…

…今年も露出オーバー気味に桜を撮ろう…
私はこれを撮りにきたのだから。

b0084270_2241021.jpg


都内は場所によってはすでに満開だ…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-03-22 02:38 | 写真日記

さくらさく

空の鳥を見るがよい。
まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。
それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。
あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。
野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。
働きもせず、紡ぎもしない。
しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、
神はこのように装って下さるのなら、
あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。
ああ、信仰の薄い者たちよ。
(マタイによる福音書 6:26-30)

新ローマ法王がフランシスコ1世に決まったらしい。
フランシスコは…ザビエルではなく、
アッシジのフランチェスコからとったものだろう。
先々代のローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、
フランチェスコを自然環境保護の聖人としており、
また祈祷文としてのフランシスコの平和の祈りは広く知られている。

フランチェスコはカトリックからすると必ずしも主流派ではなく一時は異端とさえされていた。
しかし新ローマ法王がフランチェスコを名乗らなければならないほど、
自然環境や世界平和は危機的な状態を迎えたいる…と言うことではないだろうか。

まぁカトリックはそんなことよりも、
ロリコン神父やホモ神父をなんとかしろ…と言う話ではあるが。


さて、本日の写真です。

b0084270_1313924.jpg

アブラナ

b0084270_13132313.jpg

ウメ

b0084270_1313585.jpg

コフクザクラ

b0084270_131482.jpg

コブシ

b0084270_13141852.jpg

ソメイヨシノ
…気の早いのがすでに咲いている…

b0084270_13142953.jpg

ハナモモ

b0084270_13144039.jpg


アッシジのフランチェスコの話はは高校時代、
何故か授業で「ブラザーサン・シスタームーン」と言う映画を見たのが今でも印象に残っている。
この教師は視聴覚教材をよく使う方で、
行き場のない核のゴミのビデオやチェルノブイリ原発事故のビデオを見たのも授業中でのことだった。

当時、原発安全教育の真っ只中のことであり、
今さらながら、よく授業で使えたなと思う…

しかし、事故のはるか前から、
私は、原子力発電所の危険さ、未来の無さを知っていたにもかかわらず、
何か具体的な行動をしてきたか…と言えばさにあらず。

師よ…私は不肖の生徒でした…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-03-16 13:34 | 写真日記

仏に花をたてまつれ

3月10日…東京大空襲の日…空を覆った煙霧は、
一夜にして消えて、青い空が残った。

今日は標準レンズのみで撮影しよう…
47mmは苦手な画角ではあるが…

b0084270_0251139.jpg


木蓮

b0084270_0251451.jpg


十月櫻

b0084270_025177.jpg


寒緋櫻と子福櫻

b0084270_0251824.jpg


沈丁花

b0084270_0252180.jpg


b0084270_0252390.jpg


b0084270_025257.jpg


b0084270_0252746.jpg


b0084270_0252957.jpg


大寒櫻
…予測どおり満開になったが、
花が一部、赤とピンクのマーブルになっていた。

b0084270_0254262.jpg


b0084270_0254453.jpg


b0084270_0254654.jpg


b0084270_0254994.jpg


寒緋櫻
満開…これも予測どおり。

b0084270_026557.jpg




あんずよ
花着け
地ぞ早やに輝やけ
あんずよ花着け
あんずよ燃えよ
ああ あんずよ花着け

そして犀星と言えば…

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-03-12 00:40 | 写真日記

日比谷…梅の開花

北朝鮮が核実験をしでかしたようだ…
日本政府は抗議しているが、説得力がないこと甚だしい。
日本国内の核を排除してはじめて核に対する抗議に説得力が出ると言うものだ。

我が国は先の戦争で核を投下され、
今また原発事故の渦中にある。

日本は世界でもっとも核に対して抗議する資格がある国だが、
平和利用と言う名目で原発によって核の使用の片棒を担がされているのはなさけない話である。

兵器であれ平和利用であれ、核には心底うんざりだ。
仮に核兵器に対して抑止力が必要ならば、
悠長にミサイルを用意している間に、
超長距離から先制攻撃を加えられるような兵器が理想だ。
速度が間に合うなら、
例えば無人の人工衛星をミサイル基地にカミカゼアタックさせるようなものでも十分だ。
核が核の抑止力になるのは広い国土に拠点が分散している場合に限られる。

さて、私は登山用のカメラバックとしてカエラム・レクタス45を使っていた。
この商品は、御茶ノ水のグリーンライフスポーツのオリジナル商品だった。
そのグリーンライフスポーツは昨年の10月31日に閉店してしまった。
いろいろとショップ独自の商品を多く取り扱っていた店だけに非常に残念だ。
…ナンガのオーロラの前開きの寝袋も買っときゃ良かった…と後悔しても後の祭りである。

ニッチな商品は売れない…売れないと即倒産。
世知辛い世の中になったものだ。
そして、安くて脆い大量生産の粗悪品が支持を得て、
高くても永く使えるような良いモノはニッチな市場へと追いやられる。
結果として商品の選択の幅がなく、どのメーカーも似たり寄ったりの商品しかつくらない。
…まぁシグマのDP1なんかはニッチではあるけれども、粗悪品に近いものだったりするけれど(笑)
画質は良い。低ISO限定やサッポロポテトは割り切れば使える。
しかし、バッテリーが持たないのはどうしようもない(苦笑)
…それでも、そんなシグマが大好きだ。

さて、本日の写真。
日比谷で梅の花が咲き始めた。

b0084270_029667.jpg


b0084270_0293781.jpg


紅梅も…

b0084270_030464.jpg


手前の白梅の樹は枯れてしまったようだ。
梅の花をアップで撮るのは難しいかもしれない。

昨年は2月7日に開花を確認した。
しかし、ここの梅の花は…例年12月には咲いていたのである。

原発停止で火力発電のCO2が増え地球温暖化…などと言われているが、
原発が停止してからの方がはるかに春が来るのが遅いように思う。
そもそも原発の温排水の環境に与える影響は本来越冬できないはずの魚が越冬できるほどである。
温暖化の原因はむしろ原発にあったのではないかと勘ぐられる。、

b0084270_0394361.jpg


山茱萸はもう少し

b0084270_0404913.jpg


蝋梅は見ごろ過ぎ

b0084270_0413812.jpg


満作は今が盛りである。

人は自然とともに生きていけばよいのだ。
放射能を垂れ流すのも、
自動車の排気ガスからPM2.5を撒き散らすのも、
食品の遺伝子を組み替えたり、農薬まみれにしたり、化学調味料をがんがんきかせるのも、
愚の骨頂と言うべきだろう。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2013-02-14 00:57 | 写真日記