月に叢雲 花に嵐

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キンモクセイ

北杜夫氏がなくなったそうだ…
ついこの間、軽井沢でトークショーをしていたばかりだったのだが…
何でも、インフルエンザの予防接種を受けた帰りに体調を崩されたそうだ…
ご冥福をお祈りいたします。

さて、私は自動車には基本乗らないのだが、
最近では電車に乗ることすら好まなくなってきている。
…さすがにそれでは行動範囲が狭まってしまうので、
自転車でも購入しようといろいろ調べはじめたのだが…
…奥が深い…
これは…下手をするとパソコン自作よりも深い沼かもしれない…

いろいろ持ち運んで長距離走るとなると、
ランドナーかキャンピング車かなぁ…と思っているが、
完全に条件に合うものはなかなかないものだ。
そもそもここ何年も自転車に乗っていないが、
ちゃんと乗れるのかすら危ぶまれるのだが(汗)

…さて本日の写真はキンモクセイの花です。

b0084270_1362051.jpg


b0084270_1363258.jpg



写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-10-27 01:40 | 写真日記

傾国

北方有佳人,
絶世而獨立。
一顧傾人城,
再顧傾人國。
寧不知傾城與傾國,
佳人難再得。
「漢書」

傾城の美女…と言う言葉がある。
国を滅ぼすほどの美人…と言うことで、
あまり良い意味では使われない。

有名なのが清代に書かれた小説の東周列国志に登場する千金一笑。

周の幽王が褒姒と言う絶世の美女を寵愛していたが、
褒姒はめったに笑わない女であった。
ある時手違いで敵襲を知らせる狼煙が上がってしまい、
あわてて駆けつけた諸侯の様子を見て褒姒が笑ったので
幽王は度々嘘の狼煙を上げた。
やがて実際に敵襲があった時に誰も狼煙を信じる者がなく、
幽王は殺され、周は滅亡してしまった…
…と言う話である。

いや…世田谷の放射性物質の一連の報道を見て、
思い浮かんだのがこの話でした。

いろいろ高い放射線の話は良く聞きますが、
今回に限ってやけにマスコミが騒ぐ→ラジウム226でした

…震災当初、千葉のコスモ石油の火災の有毒物質に関するチェーンメイルに注意…と言う報道がありましたが、
はたして、火災が起きた敷地の隣にはチッソの放射性物質が貯蔵されていました。
嘘から出たまこと…なのかもしれませんが、
少なくとも文部科学省はこの事実を把握していたわけです。

文部科学省の地図は東京・横浜まで公開されましたが、
局地的に高い放射線を出す場所がある→ラジウム226
…と言う印象操作の意図があるのかも…と勘繰りたくなります。

ラジウム226はラジウム温泉で有名ですが、
半減期1600年でアルファ崩壊します。
一般の放射線測定器はγ線…それと一部の機器はβ線は計測できるものの、
α線は測れないものがほとんどです。
α線は震災当時、紙一枚で防げる…と言っていたアレです。

また昔、野田でラジウム226のドラム缶がごろごろ見つかったことがありますが、
ドラム缶がごろごろでも5マイクロシーベルト/時程度だったようです。
たかだか数十本の小瓶の放射線が30マイクロシーベルト/時を振り切り、
紙すら貫通できないはずのα線が空家の床下から
区道の高さ1メートルの地点で3.35マイクロシーベルト/時の放射線を感知させる…
…今回の件はちょっと解せない点が多いですね…

b0084270_4155021.jpg


b0084270_4154769.jpg


さて、中国のことわざに
一日幸せになりたければ酒を飲みなさい 
三日幸せになりたければ結婚しなさい
七日幸せになりたければ豚を殺して食べなさい
一生幸せになりたければ釣りをおぼえなさい
…と言うのがありますが、
江戸川にハゼ釣りに行ってきました。

釣果は大小15匹くらい…エサの青イソメが500円ですから、
一匹あたり33円…えらく高いハゼだ…
うまい方になると100匹以上釣られるそうだが、
…とてもその境地にはたどり着けそうもない…

ともあれ、竿に糸をつけただけの簡素な仕掛けでも…まぁ…つれることは釣れます。
狩猟本能というものだろうか…
魚がエサに食いつく反応が竿に伝わってくると、ちょっとくるものがありますね…
…しかしそれも潮が満ちている間だけ…潮が引いてくるとぱったりあたりがなくなります。

さて、釣と言うものは、考えてみるとなかなか残酷なもので…
釣った魚にははもちろん、えさにいたっては、寸刻みにして生餌として使うわけだから、
生きたまま魚に食われ続ける…と言うこと…

しかし、実際我々人間は日々生命を食して生きている。
平成の世には、スーパーに行けば、加工した食品が並んでいて、
ともすれば、そのことを忘れがちである。
そしてそのことは、食品への…生命への感謝を忘れさせたのではないだろうか…

さて、江戸川は利根川の支流であり、
その源流は遠く群馬まで遡り、東葛地区を通って東京湾に注ぐ…

ここでの放射線は満潮時は低いが、干潮になるとそこそこ高くなる…
川底の魚であるハゼは個人的には限りなく危ないと思うが…
…それでもおいしくいただきました…
それが釣った魚に対する最低限の礼儀であろうから。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-10-15 00:00 | 写真日記

祖光院の彼岸花と蝶

原発事故の報道で比較的まともな報道を行っていたと思われるのは、
東京新聞であった…
まぁ東京新聞は中日新聞社。
東日本の原発事故は彼岸の火事…と言えない事もないし、
東京電力との利害関係はそれほど強固ではないと言える。
彼らとの関係が強固なのは中部電力で、
さすがの東京新聞も浜岡の報道では歯切れが悪かった。

さて、その東京新聞、
松本市、学校給食で放射線測定 ウクライナ基準を採用…と言うのを記事にしている。
国の暫定基準値は1キロ当たり500ベクレルだが、
給食で使用する食料は1キロ当たり40ベクレルのウクライナの基準を用いると言う。

…さすが菅谷市長のお膝元。
福島県の子ども10人の甲状腺に異常が見られた…と言う報道があったのも、
信州大学と松本のNPOの調査の結果。

…しかし…その松本市も、放射線を測定すると、
意外と高い数値が出たのだが…
…蝶ヶ岳は花崗岩の影響だったとしても、上高地でも0.13マイクロシーベルト/時くらいあった。

脱原発掲げ「緑の党」 中沢新一氏ら来月にも…
…これも東京新聞の記事だが…
その名前に見合うなら応援したいところだが…なぜメカ沢…

4号機が緊急停止した玄海原発は…
…ここの設備は老朽化で危険であることは前から言われていた…
それでもやらせで再開しようとするのが、経済産業省と電力会社と地方の自治体だったわけだけど…
…今どんな気分?

今回の件は恐怖なんかよりも
はるかに失望が大きかった。
…でも考えてみれば首都圏で夜空を見上げても星はほとんど見えない。
子どものころの空はこんな空ではなかったと思う。
これは…まぁ…なにかを垂れ流し続けた結果であろう…
今回はそれがたまたま放射性物質だっただけ…と言うこと。
まことに、お金儲けのためなら他人の命や健康なんぞ安いものなのだ…。
…私は失望したが。

放射性物質は集めて封印するべき(その後100年くらい要観察)なのに、
瓦礫処理の名の元に拡散しようとするし…
…ごみ焼却施設で処分しようとすると、沸点の低い放射性物質は気化するし、
柏の施設がなぜ停止しているのか忘れてしまったのですかね…
まぁ封印するにしてもどこも受け入れたがらない…と言うのが現状ですが…

さて、本日の写真です。

b0084270_241672.jpg

b0084270_255493.jpg

b0084270_255954.jpg

b0084270_26365.jpg

b0084270_26662.jpg

b0084270_26987.jpg

b0084270_261258.jpg

b0084270_26176.jpg

b0084270_262193.jpg


…左向きの写真ばっかりだ…
この日はアサギマダラやウラナミシジミも見かけたが、
撮影はできず…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-10-05 02:37 | 写真日記

黒い蝶は白い花がお好き

イーストマン・コダックの株価が30日の米株式市場で前日比54%安と急落したそうだ。
巷では破産するのでは…と言う情報が流れている…

コダックと言えばコダクローム。
まぁ私が写真を使い始めたときにはエクタクロームやエリートクロームが主流だったが…
個人的には富士フィルムのベルビアなどの方が粒状性が良く好みだったが、
暖色系の発色をするエリートクロームをカメラに入れているときには不思議と良い被写体に恵まれたものだった。

…そのコダクロームもいまや無く、エクタクロームやエリートクロームもなかなか手に入らないようになってきていたが…
これもまたひとつの時代の終わり…と言うことなのかもしれない…

一方で、ついにニコンがミラーレスに参入した。
ミラーレスでは、
オリンパスとソニーが一眼レフと同じ撮像素子を採用しているのに対し、
ニコンとペンタックスは小型の撮像素子を採用している。

フォーサーズの撮像素子が17.3×13.0mm
ニコンCXが13.2×8.8mm
ペンタックスQが6.2×4.6mm

サイズの違う撮像素子を使用する…と言うことは、
例えアダプターを使用して一眼レフ用のレンズが使用できたとしても、
画角が変わってくる…と言うことだ。

仮にキヤノンが参入するとして、どちらを選ぶのだろうか…
…まぁキヤノンはAPSすらデカかったので、期待していないが…

かつて私は動体は1D Mark II N、マクロと風景はKissデジタルNを使用していたが、
現在は60Dのみになっている。
しかし、この場合、風景を撮影して不意に動体に出くわした場合、対応に遅れが生じる。
しかし仮に2台持つとしても、マクロ・風景用のカメラはなるべく軽くしたい。
その点、ミラーレスは良さそうだが、広角レンズに定評があるものと言うと?である…
風景用であれば、深度が稼げる小型撮像素子も悪くは無いのだが、
フィルム時代は中判でないと解像度不足になると言われた風景である…
実写などの状況を注視し、研究する必要がありそうだ…

…まぁ風景用としては5D Mark IIやSD14も持っているのだが…

さて、本日の写真も松戸の祖光院の写真です。

b0084270_0354252.jpg

b0084270_0361012.jpg

b0084270_0362633.jpg

b0084270_0363543.jpg

b0084270_0364373.jpg

b0084270_0365127.jpg


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-10-01 23:26 | 写真日記