月に叢雲 花に嵐

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

春の紅葉

紅葉がなぜ紅くなるか…知っていますか?

ご存知のように、葉っぱの色が緑色なのは、
光合成に必要な葉緑素が存在するから。
そして、紫外線が葉緑素を破壊して葉っぱは紅く染まっていく
紫外線が強ければ強いほど、紅葉は美しくなっていく

さて、色のスペクトルは知っていますね?
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色…
これが人間に見える可視光線で、赤色側にはみでると赤外線、
紫色側にはみでると紫外線…

厳密には10nm~400nmまでが紫外線、
それより先は、100pm~10nmまでがX線、
1pm~100pmまでがガンマ線、
それより小さい波長を宇宙線…と言いますが…

…何が言いたいかわかった人はなかなか鋭い(笑)

ええ、ヨウ素131はベータ崩壊の後にガンマ崩壊、
セシウム137はそれ自体はベータ崩壊だけど崩壊後生成されるバリウム137mがガンマ崩壊する。

…今年の秋には美しい紅葉が見れそうだ…

ほら…すでにこんなに美しい…

b0084270_20584363.jpg

EOS 60D + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV1)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_20591392.jpg

EOS 60D + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV1)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1600秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_20594617.jpg

EOS 60D + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV1)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1600秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

まぁ全ての紅葉が紅くなっているわけではないので、
たまたま撮影したのがこの時期も紅くなる紅葉だったのでしょう…
でも…去年もこの時期、こんなにも紅くなっていただろうか…


さて、ガンマ線には電離作用があるが、
これは遺伝子を傷つけ突然変異を誘発させる特性を持つ。
ガンマ線を発生させるコバルト60は農作物の品種改良に使われたりもするし、
害虫の駆除やじゃがいもの発芽防止に使われたりもする。

人間の体内の細胞の一部が突然変異を起こした症状のひとつが悪性新生物…すなわち癌である。

コバルト60は癌の放射線治療でも使われるが、突然変異をもって突然変異を制する…と言った発想であろう。

…母乳から放射線物質が検出された…と言うことが話題になったが、
これ…さらに初期の段階では、
内部被曝した母体の胎盤経由で胚に直接放射性物質が送り込まれたりしないだろうか。
…そうなると…人間の胚にゼロ距離からガンマ線照射…
…さて…どうなるんでしょうね?


放射線の種類はアルファ線、ベータ線、ガンマ線と種類があり、
アルファ線は紙一枚で防ぐことができ、
ベータ線は厚さ1cmのプラ板を通過できないが、
ガンマ線をある程度遮断するには10cm厚の鉛板もしくは1m厚のコンクリートが必要だ。

今回は放射線物質を派手にばら撒いたが、
アレが稼動し続ける限り、放射線物質は放射性廃棄物として生成され続け、
その処理方法は…地中深くに封印するしかない。
また、平常運転時時であっても微量ながら放射線物質は放出され続る

ちなみに唐津市議の浦田氏の話では、玄海原発付近の血液の癌と言われる白血病発生率は全国平均の11倍らしい。
…ストロンさんの仕業だろうか…

六ヶ所再処理工場がウラン試験を開始した翌年から、
75歳未満の癌の死亡率は青森が一番高いことも前に述べたが、
通常運転時の原発と比べて放出される放射線物質の多い
再処理工場から放出される放射線物質は人体に影響がない…と言う説明が、
今回の事故の説明とそっくりなことにそこはかとなく不安を感じるのだが…


日本人は癌で亡くなる人が最も多い。
しかし、それは日本の死亡率が低く、長寿の国だからだ。
…と言われている。
確かに筋が通るような気はする…

で も な ん で 高 齢 に な る と が ん に な る の か な ?
そ し て き っ と 今 年 …


…いや…お前ら飛行機乗りすぎ、病院でレントゲンやCTスキャンやりすぎ…と言うことにしておこうか。

飛行機だけはかんべんな。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-27 21:14 | 写真日記 | Trackback

ありのみのはな

オツベルときたら大したもんだ。
発電器械の六台も据えつけて、のんのんのんのんのんのんと、大そろしない音をたててやっている…


オツベルの元にやってきたのは、林のような象ではなかったが、
それとそう変わらないものだった。

けれどもオツベルはいなくならずに、
今日も汚水を垂れ流す。

泣いたのは牛飼いと百姓どもだったとさ。

…白象をいじめ続ける限り、像の群れはまた必ずやって来ると思うのですがね…

サンタ・マリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を

さて本日の写真です。

b0084270_22372346.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/3200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_22375133.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

なしのはな ありのみのはな なしのはな この春の禍は ありやなしやと


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-26 22:42 | 写真日記 | Trackback

平和

日曜は選挙に行った後、長田谷津まで行ってきた。

ここは基本湿地で、石の橋が渡してあるのだが、
一部、震災の影響により、通行止めになっていた。

近くの少年自然の家は被災者の受け入れをしている。
人は受け入れるべき。
…たとえ、原発を誘致して電源3法と言う名の利権の一部を享受していた方達だとしても…

そんなつもりはなかった?
いえいえ、選挙の結果当選された方達が進めた政策であるのなら、
例え選挙に行かなくても、その土地の有権者の責任ですよ?
…それが民主政治というものです。

もちろん、現在の民主党政権も同様。
…ただ、菅内閣だったのは、不幸中の幸いだったかもしれない…
このあたりを見ると自民党政権だったら、
「げんぱつをすてますか?→はい」
「それをすてるなんてとんでもない!」
…と言う未来が見える…
多分、小沢派も同様であったろう…

菅総理に唯一残された使命があるとすれば、
今後、福島原発のような場所で「技術者」が使い捨てにされることがないように、
薬害エイズ事件のような厚生労働省の過ちのせいで、国民の命が犠牲になることがないように、
エネルギー政策の転換を確約し原発利権を解体することだろう。

さて、被災者は受け入れるべきだ…しかし…ゴミを受け入れるのはいかがなものか…
下手を引くと、このあたりでは検出されていない…と思いたい、
ストロンさんやプルトさんが熱で気化してゴミ処理場の煙からモクモクと…

…放射性物質に汚染されたゴミは念入りに水で洗い流してから処理すべきだし、
洗った水は濃縮してコンクリートで密閉して処理…くらいが必要なのではないか…

まぁ…もう手遅れかもしれないが…

さて、本日の写真です。

b0084270_043198.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_0434561.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_044980.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

…平和そうだろう?
原発事故続いてるんだぜ?この国…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-25 23:53 | 写真日記 | Trackback

色は匂へど

色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて浅き夢みじ 酔ひもせず

b0084270_19494744.jpg

DP1 16.6mm
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/40秒 EV0.0
ISO感度 100

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-24 20:08 | 写真日記 | Trackback

早春の蝶

そろそろ、長田谷津でもツマキチョウが出てくるタイミングですが、
あいにくのお天気。
日曜日は市議会議員選挙があるのでどうしようか…
千葉のモニタリングポストは市原ですが、
県北は不安なので市として放射能のモニタリングしてくれないかなぁ…

例の被災地の瓦礫はバッカー車2台分受け入れると回答したようだけど、
まさか、あのごみ焼却場で処理する気ではあるまいな…
焼却温度が何度か知らないが、高温処理すると、放射性物質が気化するのでは…
まぁ福島から来ると決まったわけではないですが…

…長田谷津は駐車場の売店で売っている竹の子ご飯がとても( ゚д゚)ウマー

しかし、あそこはホットスポットになってしまった松戸にとても近い…(((( ;゚Д゚))))
まぁ皮に覆われ地中に埋まっている竹の子なら大丈夫か…

ガイガーカウンターがちょっと欲しい今日この頃。

さて、本日の写真は先週篠原で撮影した蝶の写真です。

テングチョウ
b0084270_22351912.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ベニシジミ
b0084270_22362175.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

スジグロシロチョウ
b0084270_22365321.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

キアゲハ
b0084270_2238112.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ルリシジミ
b0084270_22385883.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/3200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

スギタニルリシジミ
b0084270_2240679.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1600秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

コツバメ
b0084270_224174.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ミヤマセセリ
b0084270_22421383.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ギフチョウ
b0084270_2243647.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

アカタテハ、キタテハ、ルリタテハなんかも見かけたなぁ…

…もう少ししたら裏高尾にウスバシロチョウを探しに行こう…
昨年の小下沢はこんな感じでしたが、今年はどうだろうか…
アオバセセリ、アサギマダラ、スミナガシ、ミヤマカラスアゲハ、カワトンボ…この時期は見たいものがたくさんあるが、
コンプリートするのは難しい…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-23 23:06 | 写真日記 | Trackback

羽化不全の春

風などの影響で放射線物質が多く集まってしまうポイントのことを
ホットスポット…と言うらしいが、
群馬大学の早川教授の制作した放射線汚染地図によると
福島以外では松戸周辺がやけに汚染されている…

普段から食事と飲み水にミネラルウォーターを使用していたにもかかわらず、
母乳から放射性物質が検出された千葉の方は、このあたりに住んでいた。


このホットスポットは
たまたま東京大学柏の葉キャンパス国立がんセンター東病院
放射線の測定結果を公開していたので発見されたものですが…

江戸川の上空の気流が流れに沿って拡散したとしたら、
…汚染は江戸川流域のより広範囲に及ぶ可能性があるのではないか…

また、実際はこのような場所は各地にあり、
普通に農作物が作られていたりするのではないか…

特にテレビではオワコンムードが漂っているが、
こと千葉県民…特に北部住民は、
この原発事故は決して彼岸の火事ではないことを理解していただきたい。

さて本日の写真です。

b0084270_2318196.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_23184359.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

…羽化不全とは何らかの原因で羽化に失敗した個体のことを言いますが…
…何らかの原因…考えすぎか…

場所は神奈川県の山地(相模原の石老山・石砂山麓)なので、
アレの影響はそれほどではないと思うし、
そもそも、この春羽化した蝶は、
まだアレを摂食して育ったわけではないはず…

この日見たスギタニルリシジミは10匹、ミヤマセセリは4匹程度。
そのうち各1匹がこの状態だったことになる…
…例年、一定数は羽化不全が発生する…と考えられるが、
遭遇確立がやや高かったように感じる。

スギタニルリシジミは一応は短い距離なら飛ぶことができるようでしたが、
ミヤマセセリは全く飛ぶことができない状態…

まぁ…生きてはいる…「直ちに、生命に問題があるわけではない」が…
野生の昆虫はこの状態で生きのびることは難しいでしょうね…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-22 23:29 | 写真日記 | Trackback

めがみのたまご

私はネイチャーフォトグラファーとして、自然を撮影対象とするが、
その写真の主役は当然のことながら自然である。
私がはたす役割と言えばただそれを観測し、記録を留めているだけであると言ってもよい。

良いネイチャーフォトを撮るにはどうすれば良いか…と問われれば、
私は自然に対して敬意を持って接すること…と答えるだろう。
自然に対して敬意を持って接していれば、
自然はおのずからその神秘の一端を、我々の前に示してくれるのだ。

b0084270_22104925.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_22112146.jpg

EOS 60D + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

太古の昔から人は自然を畏れ敬ってきたが、
科学技術の発展とともにその心を失っていった。
確かにもはや人間と科学技術は切っても切り離せない。
…電気のない生活などは想像することすらできないだろう…

原子力発電所は科学技術の粋を集めてつくりだされた、
パワフルで安定した電力供給源である。

建設するのにちょっとばかり費用がかさむが、
いずれ償却できる予定であり、
利権もいろいろ発生してみんなハッピーになれる。

危険な廃棄物を排出したりもするが、もはや自然は完全に我々の制御下にある。
万が一事故が起こった場合も全てに対策が用意されており、我々は決してミスは犯さない。

…とんでもない話だ。
人間は必ずミスを犯す動物である。
たとえ、将棋と言う限定的な空間であっても
最強の羽生名人でさえミスを犯すことはある。

ミスをしないことが安全の前提…と言うような施設はもとよりつくるべきではなかったのである。

そもそも騒ぎにならなかったものも含めると、
事故と無縁の核関連の施設など本当にあるのだろうか?

そして、ついには大地に大気に大海に放射性物質を大量に撒き散らす事態と相成った。

…もはやそこには自然に対する敬意はかけらも感じられない。

…まぁ…バベルの塔だったのだ…
核の力は太陽のエネルギー。
人間が核を扱うということは、神の御技を盗む行為に他ならない。
…何という傲慢さであったろうか…

少なくとも私の心情としては、
それこそ“直ちに”脱原発に動いていただきたい。

日本のこの状況を見て、諸外国はすでに脱原発に動いている。
当事国の日本が利権がおいしいので原発続けます…などと言うことは、すでに許されざるべきことなのだ。



写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-21 22:25 | 写真日記 | Trackback

篠原にて

篠原の里と言う看板が見えても、
目指す石砂山の麓までは、尚しばらく歩く必要がある。

まず見えてくるのは平和の記念碑だ

b0084270_21552348.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

この国に徴兵制があった頃、徴兵のために国を出る若者を、
近隣の集落に住む人はここまで見送りに来たらしい。

戦後になってこの場所に平和の記念碑がたてられと言うが…
…戦後生まれの私はイマイチピンと来ない…

出征して帰ってこなかった家族や友を思い、
二度と戦争がおこらないように…と言う願いからたてられたのだろうか…

この地にも一本の桜の樹があるがすでに花は散っている。

b0084270_215954.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(85mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

今年はここでは桜の花は見れないか…と思ったが、
集落に入るとしっかり咲いていたりするのである…

b0084270_2211680.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

火の見矢倉や学校などがある中心部に駐車場がある。

b0084270_2235064.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

特に時間は決められておらず、1回300円也。
すでに車が止めてある…と言うことはどうやら先客がいるらしい。
ここは蝶愛好家の間では有名なポイントなので、
この時期、それなりに賑わいを見せるのである。

さらに歩くと篠原のバス停が見えてくる。

b0084270_2284631.jpg


EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

このバスが使えれば楽なのだが、日曜日は1日2回しか来ない。

小川のところから517号線を離れて、入って少ししたところにギフチョウの看板がある。

b0084270_22123189.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

かつては多摩丘陵にも広く分布していたと言う話だが、
今では関東では唯一の産地。
日本の生息地の東限…と言うことになっている。

そのまままっすぐ進めば石砂山の麓である。

石砂山の登山口にはこのような看板が出ている。

b0084270_22162913.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F3.5 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

…どうやらヒルが出るらしい。
まぁこの時期は出ないか…
どうせこの時期にしか来ないが、
暖かい時期に登る場合は注意が必要である。

この山の中にもシュンランをはじめ興味深い被写体があるのだが、
この日は麓での撮影に専念することにした。

b0084270_2221469.jpg

EOS 60D + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_22234092.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/800秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_22241384.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/640秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_22245555.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_22255015.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB


石砂山の麓にはこの時期、ギフチョウをはじめ数多くの蝶が姿を見せ、
美しい花が咲き乱れている。

その美しさは、思わず時がたつのを忘れるほどであった。



写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-20 22:42 | 写真日記 | Trackback

篠原へ

高尾駅で甲府行きに乗り換えて1駅…
短いトンネルをいくつか過ぎると相模湖駅に到着する。
荷物を確認して下車し、
三ヶ木行きのバス停に向かう。

この季節に石砂山を訪ねるようになって何年になるだろうか…
毎年、この駅で燕が歓迎してくれる。

b0084270_22555548.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB


三ヶ木行きのバスに乗り込み相模湖プレジャーフォレストで下車。
以前は相模湖ピクニックランド…と言う名前であったが、
名前が変わったようだ。
ここから517号線をひたすら歩くと篠原の里まで辿り着く。

例年、篠原には首都圏の桜が散り始めたタイミングで訪れている。
だいたいこのタイミングで1週間遅れの桜の花が楽しめるのだが、
今年はやや遅かったらしく枝垂桜は見頃だったものの、
染井吉野は終わりかけであった。

b0084270_19453465.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(15mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/320秒 EV1.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

517号線も入りたてのところは住宅地であるが、
程なく農地になりやがて暗い杉の並木道に入る。

b0084270_1950059.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(85mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

この暗い杉の並木道は例年目もくれずに通り過ぎてしまうのだが、
観察しながら歩いてみるとなかなか興味深い被写体を見つけることができた。

b0084270_19582248.jpg

EOS 60D + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_2005544.jpg

EOS 60D + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/125秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

60Dのバリアングル液晶とライブビュー+オートフォーカス+フルタイムマニュアルフォーカスは
このような写真を撮影する時はなかなか便利である。
…ただ、オートフォーカスのピントは少し時間がかかるので、
動体撮影には向かないであろう。

b0084270_2051928.jpg

EOS 60D + EF-S60mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

一人静 十人寄れば 囂し(かまびすし)

並木の下で 陽のあたるまで…と下の句を考えたがこれは蛇足か…

この杉の並木道…花粉を撒き散らした後の殻らしいものがたくさん落ちている。

b0084270_20162991.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(85mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/80秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

しかし、なんだってこう杉ばかり植えるのだろうか…
花粉症もちの身にもなって欲しいものである。

やがて、杉並木をを抜けひらけた土地に出れば、目的地まで半分といったところだろうか。
道沿いの並木がかわいらしい白い花をつけている。

b0084270_20224970.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(85mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

少し歩くと篠原の里と言う看板が見えるが、
実際に集落に辿り着くにはもう少し歩かなくてはならない。

b0084270_20255972.jpg

EOS 60D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(50mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

さてここから集落まで歩くのではあるが…
今日のところはここで打ち切ることとしよう。



写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-19 20:30 | 写真日記 | Trackback

女神クエスト

毎年、首都圏で桜が散る時期になると、
春の女神…と呼ばれるギフチョウが姿を見せる。

ギフチョウは日本固有の蝶であり、
古くは錦蝶と呼ばれ、この国の里山に春を告げる蝶であったが、
人間の手による環境破壊により激減し、
現在は関東地方では神奈川県の石砂山周辺の産地を残すのみとなってしまった。

この地のギフチョウは昭和57年より県指定の天然記念物として保護され、
石砂山の各所には採集禁止の看板が出ており、
パトロール等も行われているようであるが、
その反面、この山の裏手はゴルフ場となっており、
環境への影響が心配される。

さて、毎年、この季節にはこの地を訪れ、
この春の女神にひとめまみえんとクエストするわけだが、
バス+電車でここに辿り着くのはなかなかたいへんである。
まず中央線の相模湖駅からバスに乗り相模湖トレジャーフォレストで下車。
ここから片道約5キロの道を篠原まで歩くことになる…

朝5時半西船橋出発の東西線に乗り、中野・立川・高尾で乗り換え、
相模湖駅についたのが7時過ぎ…篠原の里に到着した時は9時近くになっていた。

実のところ、篠原には有料ではあるが駐車場があるので、マイカーを使えば楽なのだが、
私は基本、ネイチャーフォトを撮影する時に自動車は使わないことにしている。
全力で撮影した後、自動車を運転したりすると事故でも起こすとたいへんだし、
自然を撮影しに行くのに、
化石燃料を消費し二酸化炭素を排出する自動車を使うのに釈然としないものを感じるからであるが…
…まぁRPGにおける制限プレイのようなものと思っていただいて結構だ。
あくまでも私の主張であり、他人に押し付けるものでないことはわきまえている。

いずれにせよ、篠原の里にはギフチョウをはじめとして多くの自然が残されており、
美しい田園風景が心を和ませてくれるので、
往復10キロ歩いてでも、この地まで撮影にでかける価値は十分あるのである。

…さて、まずは日曜日のクエストの成果を…

b0084270_4241364.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_425575.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_4263775.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_4265534.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

石砂山は山頂付近にギフチョウが集まる傾向があるのだが、
今回は麓のポイントで待つことにした。

麓では個体は多くないが、いろいろな花が咲いているので、
花と組み合わせた写真が狙えるのである。

石砂山の登山道入り口はカタクリや梅は終わってしまっており、マメザクラは散り始めていたが、
つつじは最盛期であった。

しかし、天気は良かったものの、風がやや冷たかったためか、
撮影のチャンスには恵まれず…
ご利益があるかどうかは知らないが、出逢った春の女神たちに震災からの1日も早い復興を祈りつつ、
2時前には篠原の里を後にしたのであった。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-04-18 04:50 | 写真日記 | Trackback