月に叢雲 花に嵐

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

タンポポの花と黒い蝶

金曜日は王位戦リーグの最終戦6戦がWEB中継されていました。

帰宅した後、結果を見ていたらこんな時間に…(汗)
王位戦は全棋士参戦のトーナメントを勝ち抜いた12人の棋士が、
紅白に別れてリーグ戦を行い、
優勝者同士が挑戦決定戦を行い
勝利した棋士が深浦王位との7番勝負に挑戦できます。

最終戦の結果、紅組は広瀬五段が挑戦者決定戦進出を決め、
白組は羽生名人と戸辺六段がプレーオフで勝者が挑戦者決定戦に進むことができます。

戸辺六段は1986年の8月生まれ、広瀬五段は1987年の1月生まれ…
昨年も若い方が棋聖戦の挑戦者決定戦まで進んだり、NHKトーナメントに準優勝したりしましたが、
…将棋も若い人たちが活躍し始めていますね。

将棋はここ数年WEBで中継されるようになり、
掲示板やTwitterで検討されたり、観戦しているだけでもおもしろい競技になりました。
しかし、その一方で、他の娯楽に押されて、競技人口が減っているのは残念です。
将棋と言う競技はチェスなどルーツを同じくするものは多々ありますが、
日本固有のものなので生きのびて欲しいところではありますが…

将棋のルールで面白いのは、
武士道の国であるはずの日本の将棋で、
獲られた駒が裏切って、こちらを攻撃してくる「持ち駒」のルールがあることです。

かつて、足利尊氏が、南朝に敗れて九州に落ち延びたことがありますが、
そのとき「二筋の 中の白みを 塗り隠し ニタニタしげな 笠じるしかな」
…と言う落首ができたと言いますが…
これは足利家の二つ引両紋が、一夜にして新田家の中黒紋に変わったと言う皮肉が込められた歌です。
武士は二君に仕えず…とか言われたのは、そうでもしないと不利になると寝返り続出だったからなのかもしれませんね(汗)

一方で将棋の駒の名前…王将、歩兵はともかく、
何でこんな名前になったのか…
…何気に王も日本では馴染みの薄い存在のような…
中国のシャンチーでは将と帥、韓国のチャンギでは漢と楚なんですよねぇ…
チェスはキングですが、大将棋は鎌倉時代には普及していたと言うし…

…しかし、チェスでクイーンが最強なのは謎ですねぇ…
エリザベス女王ならクイーンを獲られたら終わりそうですし、
ジャンヌ・ダルクはクイーンじゃないし…
おまけにポーンがプロモートしてクイーンとか…キリスト教的にクイーン2人でもOKなのか…?
まぁ日本の歩兵のように出世しても金将どまり…と言うのも夢がないですが(笑)

…まぁこの辺を語り始めるときりがないので、本日の写真です。

b0084270_373678.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F10.0 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_375455.jpg

上のトリミングです

b0084270_38862.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F5.6 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

今週末はお天気に恵まれなさそうだなぁ…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-29 03:19 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

サナエトンボ

エツミからスポーツザックIIが発売されたようですが…
センターの三脚固定具がなくなっている…

初代の方は中央に三脚を固定できたので、
細い山道を歩くときもバランスを崩しにくく
山に機材をたくさん持っていくときに重宝したのですが…

まぁ今ではラムダのシューティングザックを使うことが多いし、
そもそも三脚を持ち歩かないことが多くなったので良いか…

初代スポーツバッグを一時愛用していた理由は、三脚を中央に固定できること、
三脚を装着している時でも機材が取り出しやすいことですが、
1D Mark II N にサンヨンを装備したまま収納できたことも大きかったですね。
いわゆるカメラバッグなので、機材の収納には良いが、
食料や雨具などの収納に向かなかったですが…
左右に網でもあればそこにおにぎりやらビーンズバッグなどを収納できたのですが、
なぜか左右についていたのは三脚用のバンド…
…三脚三つ持っていけってか…
IIは両サイドに網があるのでその点は改善されていますね…

現在使っている、
ラムダのシューティングザックはハイキングアンドシューティングに最適だと思います。
使い勝手は同社のくぬぎに近いがシューティングザックは1気室なので、
カメラにサンヨンをつけたまま収納できる…

問題点は、三脚を装着していると機材が取り出しにくくなるので、
ついつい三脚を待っていくのが億劫になってしまうことと、
機材の収まりが密着しないので傷がつかないか心配なことです。

…究極のカメラバッグにはなかなか出逢えないものですね…

ちなみにショルダータイプはカメラバッグではないですが
ROTHCOのメッセンジャーバッグ(いわゆるジャックバッグ)のオリーブに
緩衝材を入れて使ってます。
ショルダータイプのカメラバッグより幅が狭いので(゚Д゚)ウマーです。

さて、本日の写真です。

b0084270_161019.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F6.4 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_162859.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ダビドサナエでしょうか…

今日ネタの足しにも色づき始めたアジサイでも撮影しようと
GX200をポケットから出したところ…
…液晶にヒビがいっている…

…ちょうどお昼前だったので、そのままリコーに駆け込みましたが、
保証書もないのにタダで交換してくれるとのこと…
しかも、金曜日にあげてくれるそうです。
…いや~よかったよかった…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-26 01:09 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

雨の休日

土曜日は良いお天気でしたがお仕事。
日曜日は終日雨…

…ゆっくりしてました。
夕方ごろから将棋の大和證券杯がやっていたので観戦…
カードは名人戦と同じ羽生名人VS三浦八段…
…もうやめて!三浦八段のライフはゼロよ!

…でも大和證券杯はWEBで対局するネット棋戦なので、
ハブに睨まれたカエルになることはなさそうだし、
羽生名人はクリックミスで負けたこともあるし、
さすがに、そろそろ…

…そう思っていた時期が僕にもありました…

…結果はまたも羽生名人の勝ち…
…三浦八段はこのカード実に15連敗なんですねぇ…
まぁ羽生名人とそれだけ対局できると言うだけで凄いことでもあるとは言え、
…将棋の内容を見る限りそこまでの差があるかと言うとそうでもない気がします…

…芥川龍之介の言うように、
「天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。
只この一歩を理解するためには百里の半ばを九十九里とする超数学を知らなければならない。 」
…と言うことなのでしょうか…

さて本日の写真です。

b0084270_1391470.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F7.1 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_1392810.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-24 02:17 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)

ウスバシロチョウ

キヤノンのカメラの操作性は、1D系の三つボタン式と下位モデルのダイアル式に分かれますが、
私は三つボタン式を高く評価しています。
ダイアル式だと勝手に撮影モードが変わってることありません?

この日の撮影がそうでした…
絞りなんていじってないはずなのに絞りが絞られてる…
…と思ったら、プログラムAEになってるし…

まぁいつも開放ばかり使っているからたまにはいいかぁ…

本日の写真は少し絞られたウスバシロチョウです…

b0084270_182358.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F7.1 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_183679.jpg

上のトリミングです

b0084270_185239.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
プログラムAE F7.1 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_19632.jpg

上のトリミングです


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-22 01:57 | 写真日記 | Trackback | Comments(4)

ミヤマカワトンボ

日本に生息するカワトンボは
ニホンカワトンボ、アサヒナカワトンボ、ミヤマカワトンボ、ハグロトンボ、アオハダトンボの5種類。
ハグロトンボ、アオハダトンボの翅は黒く、
ミヤマカワトンボの翅は褐色、
ニホンカワトンボ、アサヒナカワトンボには褐色翅と透明翅のタイプがある。

小仏川流域にはミヤマカワトンボとニホンカワトンボの褐色翅と透明翅が生息している。
ニホンカワトンボは成熟すると胴体が白くなるが、
若い個体はメタリックグリーン。
ミヤマカワトンボもメタリックグリーンの胴体を持つ。

ではニホンカワトンボの若い褐色翅とミヤマカワトンボはどう区別をつけるかと言うと、
ニホンカワトンボは褐色翅であっても、
羽の付け根は透明(5月6日の日記参照)なのに対し、
ミヤマカワトンボは付け根まで褐色なのである。

b0084270_024795.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/100秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_0363.jpg

上のトリミングです

さて、問題はニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの見分け方ですが…
…これはもう素人には外見で見分けるのはほとんど不可能なようです…
…なにしろDNA鑑定をしてようやく2種に分類できたレベルですから…

アサヒナカワトンボは西に多いなど、
生息地で判断しているのが正直なところで、
小仏川流域はニホンカワトンボ…と言うことになっているようなので、
ここにいるミヤマカワトンボではないやつは、ニホンカワトンボなのだろう…たぶん…(汗)

…もう少し下流、高尾駅あたりまで下れば、以前はよくハグロトンボを見かけたけれど、
最近はあまり見かけなくなったような気がします…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-21 00:58 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

草の下のかげろう

将棋の名人戦は一進一退の攻防の末、羽生名人の勝利となり、
名人位はストレートでの防衛となりました。

本局は1日目までは三浦八段が指しやすいか…と思われましたが、
左銀冠囲いを造って、受けにまわってしまったのがもったいなかったような気がします。
不細工な将棋になってしまいますが、
最初から入玉を狙ったほうが勝ちやすかったのではないでしょうか。

勝った羽生名人は次は棋聖戦が控えており、
6月8日から、名人戦第4局で副立会を勤めた深浦王位との対局になります。

さて、本日の写真は15日に撮影したかげろうです。

b0084270_699100.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/100秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

かげろうは成虫の寿命はわずか1日。儚いものの喩えとされており、
卵は優曇華の花とよばれます。
優曇華の花とは3000年に一度花が開く伝説の植物で、
「ここで逢ったが百年目!盲亀の浮木、優曇華の花」…と言う決まり文句になっています。
…そんな儚くて神秘的なかげろうですが、
その幼虫は…アリジゴクです…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-20 01:04 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

葉っぱの上の忍者

4日の写真はおわりかな…と思ったけれども、
そんなことはなかったぜ!

本日の写真は葉っぱの上の忍者…ナナフシ君です。
まだ若い個体で大きさは2~3cmほどです…

b0084270_23494869.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_2350277.jpg

上のトリミングです

b0084270_23502182.jpg

上の等倍トリミングです

b0084270_23503584.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_23504867.jpg

上のトリミングです

b0084270_2351259.jpg

上の等倍トリミングです

5D Mark IIを等倍でトリミングするとこれくらいの大きさになります…
…しかし実にいろいろとシビアです…
手持ちでの撮影ですが、この程度が限界か…
…いやいや、我が才能をもってすればなんとかなるはずだ…(笑)

さて、名人戦第四局…さすがに3連敗中の三浦八段…横歩は避けました…
1日目終了で、現在の局面は、先手羽生名人の矢倉はまだ完成していませんが、
駒がすでにぶつかっています…
現状は後手に楽しみが多いような気がしますが、どうなるでしょうか…
…本戦は後手の飛車の働きがキーになりそうです。

さて、本対局の立会人は三浦八段とエアコン争奪戦をしたことがある、
加藤一二三九段。
いろいろ伝説が多い棋士ですが、
本局も対局者よりも目立ちまくりです(笑)

名人戦第4局検分
名人戦第4局検分

名人戦第4局前夜祭・加藤九段
名人戦第4局前夜祭・加藤九段

名人戦第4局封じ手
名人戦第4局封じ手

…傍から見ている限りはおもしろい人です…

まぁ、猫裁判の当事者にとってはたまったもんじゃないのでしょうが…
…敬虔なクリスチャンなら、命が尽きるまで勝負に明け暮れる前に、
隣猫よりも隣人を愛してもらいたいものです(汗)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-18 22:58 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

自然観察は…

自然観察は…特に鳥や昆虫は、
出逢うも八卦、出逢わぬも八卦…
出逢った時はおそらくそのシチュエーションで出逢うことは二度となく、
すなわち、一期一会である…
ゆえに自然観察は茶の湯に通ずる…
…むしろ、茶の湯が自然観察…つまり花鳥風月を愛でることをを模倣していると言うべきか…

常日頃忙しいと、自然観察もままならぬ…
…そんな中、一服の茶はその代用として機能してくれることもある…

抹茶を点てて飲んでいると、
むしろ、あるがままの自然を受け入れるべきであり、
自然観察をするのは良いが、
その自然を留めるために写真に撮り、
その結果に一喜一憂するのが馬鹿馬鹿しくなってくる…

桜の花は散るからこそ美しいのであって、
永久に散ることのない写真の満開の桜を見たところで、
実物を見たときの感動には遠く及ぶまい…

その時出逢った鳥や昆虫はその場限り、一期一会のものであるべきであって、
それを写真に撮って、永夜にわたり楽しもう…と言うのは浅ましいことだとさえ思われる…

まぁ、それでもたびたび自然観察の折にカメラを持参せざる得ないのは、
…私が悟りきれていないからだな…
…だってやっぱり、こんなのが撮れたよ…って自慢したいし~(笑)

…とは言え、そういう考えが、確実に写真をダメにしているのは確かだな~…

さて、本日は4日の写真の最後…蛇滝周辺で見かけた野生のアケビの花です。
…土曜日の写真の現像はまったくやっていないけど…

b0084270_23591323.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_23592757.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/125秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_23594076.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_23595299.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_00135.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_003131.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_004844.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_01039.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

…アケビの花…前にも撮っていますが、
複雑で立体的で、なかなか興味深い題材でした…

…と言うかこの程度の写真しか撮れないで、
うわべだけ悟ったような気分になるのは、
1億年くらいはやかったようだゼ!

さて、明日から将棋の名人戦の第4局が始まりますが、
こちらの方も楽しみです。
…何が楽しみって、立会の加藤一二三九段…
「私から闘いを取ったら何が残るといえよう。
勝負師である限り、命が尽きるまで勝負に明け暮れるのが棋士のさだめだ」
…いや…猫裁判は闘わなくていいから…(汗)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-17 23:23 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)

モンシロチョウの求愛

まだ4日の写真から…
ウスバシロチョウはどうやら撮れなそうだったので、
アツバシロチョウでも撮るか…
ということで、カメラを向けたところ、
ちょうど求愛行動をとりはじめました…

b0084270_024922.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/160秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_031533.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/160秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_032929.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/160秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_034915.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/160秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

しばらく観察していましたが…結局不調に終わったようでした…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-16 23:42 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)

早春の残滓

本日、再び裏高尾まで行ってきました。
出発が遅れて高尾についたのが10時ごろ…
小下沢をさかのぼるのはあきらめて、
入り口のあたりを右往左往していました。

梅園の反対側の丘のヒメジオンは多少復活していたので、
なんとかウスバシロチョウは撮影できました。
その後、入り口のウツギのポイントに移りましたが、
しばらくて再びこの丘を見に行ったら数人捕虫網装備の人が入っていました。
話に聞いたところでは、昨年一人で30匹ほど捕っていった馬鹿者がいたようで
…今年少ないのはそのせいかもしれません…
今年は今年でムラサキケマンが刈られているので、来年はどうなることやら…

結局、アオバセセリとは逢えず、
帰りはまた、小仏川沿いに引き上げましたが、
蛇滝のあたりではカジカの声も聴こえて来ました。
しかし、中断されていた工事が再開されると、すっかりなきやみ、
もうカジカの声は聴こえない…

また、アサギマダラとも遭遇はしましたが、撮影はできず…
とは言え、寝坊した割には有意義な自然観察となりました。

さて、本日は…まだ在庫の写真をアップします。

b0084270_0415946.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_0431222.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_044451.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_0444818.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_045339.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

b0084270_0461130.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

b0084270_047830.jpg

EOS 5D Mark II + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB トリミング

サカハチチョウはすでにアップしていたのでそれ以外です…
…ここではトラフなんかありふれていて、
翅でも開かないと撮る気も起きないから困る…(汗)

気になる点は関場付近のかなり上流で今まで見なかったアカタテハを数匹見たことで、
やはり、自動車が通ることによって生態系がくるってきている…
…やれやれ…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-05-15 23:59 | 写真日記 | Trackback(1) | Comments(2)