月に叢雲 花に嵐

<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

LEDマクロリングライト

メカロクさんが面白いことをされているようなので、
私も何か面白いことをやってみよう…と言うことで、
コンデジ用のLEDマクロリングライトを導入してみました。

この手の商品はエツミ 「LEDマクロリングライト E-1605」 が有名ですが、
調べてみると8,000円ちょっととお高い…
…どうすっかな~などと考えていたそんなある日、
秋葉原のあきばお~でこんな商品を見つけました。
…ん?1,500円?

エツミ 「LEDマクロリングライト E-1605」とそっくりですが、LEDが2つ多い10個になっています。
早速、GX200に装着してみるとこんな感じ…

b0084270_22295664.jpg

Caplio GX8 焦点距離 17.4mm
絞り優先AE F値 4.3 ISO感度 64 シャッタースピード1/90秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

…狙ったかのようにぴったりですが、
例の自動開閉キャップは外す必要がありました。
先端に46mm径のフィルターマウントが切ってあるのも同じ。
…どう見てもパクリ商品です。本当に(ry

早速使用して撮影してみました。

まずはLEDなし
b0084270_22361391.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

被写体は達磨の文鎮です。
…室内の撮影なので、天井の蛍光灯の影響が大きく、
頭に照り返しが、下の影も強めに出ます。
SSは1秒ですが、2秒タイマーとビーンズバッグで…

ついでLEDマクロリングライト使用…
b0084270_22415367.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/2秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

SS1/2秒…だと!?
…どうやらシャッタースピードを稼ぐ役には立たないようです…(汗)
頭の照り返しと下の影は弱まりましたが、
今度はLEDマクロリングライトからの照り返しが…(汗)

もう一枚…
b0084270_22464866.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/3秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_22482784.jpg


Caplio GX8 焦点距離 17.4mm
絞り優先AE F値 4.3 ISO感度 64 シャッタースピード1秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 

LEDマクロリングライトは立体的に固定できるフレキシブルアームになっているので、
こういう使い方も可能。
最後の達磨は、こんな感じで斜光をつくり出して立体感を出している。
…こうして見ると光量はそこそこありそうに見えるのだが…

このフレキシブルアームは工夫すればいろいろと使えそうな予感…
…持ち歩くか?
と言う話は別として…(汗)

さて、本日棋王戦第2局をインターネットで観戦しました。
最近ではリアルタイムに近い状態で棋譜の推移を見ることができ、
プロ棋士による解説のチャットやBLOG等も解説され、
さらに観戦している方がTwitterや掲示板で読み筋や感想を書き込んだりと、
WEBでの棋戦観戦はとても充実しています。

経緯は後手の久保棋王のゴキゲン中飛車に対して、
佐藤九段は角交換の丸山ワクチンを採用。
王将戦第四局と似たようなかたちになりましたが、
向かい飛車に振りなおし、82手で久保棋王の快勝となりました。

羽生王将を74手、佐藤九段を82手で連破するとは…
久保棋王…勢いにのってますね…
棋王戦第3局は3月7日、王将戦第5局は3月10・11日に開催されます。

…そして3月2日は将棋界の一番長い日…
A級順位戦最終戦です。
この結果により名人挑戦者が決定しますが、
もう一人の降級者は…井上八段か藤井九段か…
井上八段敗北または両者勝利の場合は井上八段の降級になりますが、
井上八段勝利、藤井九段敗北の場合は藤井九段の降級になります。

井上八段は相性の良い木村八段、
藤井九段は順位戦最強(あの羽生名人より順位戦限定で勝率が高い)森内九段 。
藤井九段もこのところ5連勝中と好調なのですが、
この好調が降級のフラグに見える…と言う信頼感の無さ…(汗)
目が離せない一戦になりそうです


写真ブログ
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-27 22:11 | 写真日記 | Trackback

日比谷速報

いよいよ大寒桜や寒緋桜が咲き始めました。

b0084270_001358.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/760秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_003847.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/760秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_01181.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 7.9 ISO感度 64 シャッタースピード1/90秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_012090.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/440秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_013593.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/710秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_015364.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/440秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_02793.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/760秒
スポット測光 露出補正 EV0.0


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-25 23:34 | 写真日記 | Trackback

リコーのマクロ

前回はGX200の写真をアップしましたが。
私の環境ではそれほどでもないのですが、
環境によっては、アウトフォーカスの部分がかさついて、見るに耐えない…

ピントが合っているところは、
それほどでもないのですが、
やはり小型のセンサーを高画素化した弊害でしょうか…
まぁリコーのカメラがノイズの処理が苦手なことは元からわかっていたことですが、
最低感度でこれでは…

…とは言え使い勝手の良さは事実…
画質を求めるならDPを使えば良いし…
DP2がGX200ほどマクロに強ければ良かったのですが…

さて、本日の写真です。
オオイヌノフグリが咲いていたので、マクロで撮ってみました。

b0084270_812316.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 7.9 ISO感度 64 シャッタースピード1/330秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

これを見る限りそれほど大きく写せている感じではないが…

b0084270_813864.jpg

上のトリミングです

解像度が高いのでトリミングの耐性は高い。
コンパクトデジカメでこれだけ写れば御の字と言える。

b0084270_8135076.jpg

Neat Imageをかけてみた

…やはり、アウトフォーカスのノイズが気になるのでNeat Imageをかけてみた。
少しはマシになったか…

b0084270_8132682.jpg

RAWを現像すると…

このカメラで気になるのは、RAW+JPEGテで撮影できるのは良いのだが、
両者の傾向が全然違う…と言うことだ…
RAWを付属ソフトで加工せずに現像するとこんな感じ…
…はて…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-24 08:18 | 写真日記 | Trackback

日比谷公園の早春の花

PMAではデジカメの新機種がいろいろ発表されています。

PENTAXは参加していませんがK-7 Limited Silverのアナウンスがあり、
銀のLimited持ちとしては、かなり魅力です…
が…私の短焦点レンズ群はやはりフルサイズで使いたいところ…
*ist DSより良いことはわかっているのですが…

ソニーはAPS-Cセンサー搭載のミラーレスα …
待ち望んでいたレンズ交換式のSIGMA DPのようなものですが…
私がDPを支持するのはAPS-Cセンサーだからではないしなぁ…
まぁ、高感度も使える守備範囲の広いカメラになりそうですが…
昔、液晶でサムスンと仲が良かったことがありますが、
マウント共通…とかはないだろうな…
…それにしてもソニーって、こんなユカイなデザインをするメーカーだったっけ?

…で、Foveon…
ほとんど画像処理エンジンを変えただけ…
…まぁFoveonにレスポンスとか期待してないし…
SD14の中古が安くなったら買ってみようかな…

このシステムは正直使いたいレンズがあるわけではないのですが、
赤外線写真に興味があるので…

さて本題…
すでに梅は満開、マンサクも咲き始めた日比谷公園ですが、
早春の花が一斉に咲く気配が…

b0084270_113897.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 6.3 ISO感度 64 シャッタースピード1/73秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1134229.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 6.3 ISO感度 64 シャッタースピード1/73秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1142968.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/203秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1161351.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 7.9 ISO感度 64 シャッタースピード1/143秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

上から花桃、山茱萸、寒緋桜、
最後のは河津桜ではなく大寒桜です。
河津桜ももうそろそろ見ごろでしょうね…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-23 01:21 | 写真日記 | Trackback

ミツマタ

ミツマタは和紙の原料として知られており、
身近なところでは日本のおさつはこれを原料に造られています。

具体的には、
ミツマタの枝を切り取る

蒸す

皮をはがす

皮を苛性ソーダーに漬け込む

外皮を削りとる

漂白する

ごみをとる

叩いて繊維をばらばらにする

ネリと混ぜ合わせて漉く

(゚д゚)ウマー

…と言う作業になるわけですが、
漉いた後の乾燥の工程によっても紙の質はだいぶ変化します…

紙を漉くのは冬がよいのですが、
ミツマタを収穫するのは花が終わったタイミングが多いようです。
まぁ、外皮を削った白皮の状態ならある程度の保存はききますし…

また、繊維をやわらかくするのに、最近は苛性ソーダーを使いますが、
昔はソーダ灰を使っていたようです。
しかし、ソーダ灰では時間がかかるので、
最近では苛性ソーダーを使うことが多いようです。

しかし、苛性ソーダーは水酸化ナトリウムなので、
一般人が使うには抵抗がありますね、
使い終わったら同程度の酸…つまり塩酸か硫酸で中和させなくては、
金属の水道管などが溶けてしまいますし、
取り扱いを誤ると大惨事です…

一般人は紙を造るにしても、
牛乳パックでリサイクル…程度に留めておいたほうが無難ですね(汗)

さて、本日の写真はそのミツマタの蕾です。

b0084270_311843.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_3111847.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1250秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

花はまだですが、一部黄色くなっています。
かつては日比谷公園でもこのミツマタの花を見かけましたが、
枯れてしまったのか、
最近は標識しか見当たりません…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-22 03:14 | 写真日記 | Trackback

春の風景

2月も半ばを過ぎていますが、
肌寒い天気が続きます。
もとより、先週の曽我も残念な天気だったのですが、
その中でも、
せめて写真だけでも春らしく…

b0084270_2274381.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_228047.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_22104614.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_2211065.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_22122721.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_22124434.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB


王将戦第四局は久保棋王の勝利。
これで3勝1敗、久保棋王が王将奪取に王手をかけました。
前評判では羽生王将の防衛濃厚ということでしたが、
やはり、将棋は何が起こるかわからない…

展開としては羽生王将が奇策も絡めて気持ちよく攻めて、
最後に詰みありと錯覚しての敗北。

…まさに、錯覚いけない よく見るよろし…と言うやつですね…
まさか、羽生王将がわずか74手このような負け方をするとは…
第5局は月をまたいで3月10・11日ですね。
…ここで決着がつくのだろうか…

昨今の将棋界の課題は、
不況によるスポンサーの撤退と
将棋ソフトの向上によるプロ棋士の存在意義ですね。

…不況の方はどうしようもありませんが、
将棋ソフト…
技術の発展は喜ばしことですが、
…チェスのようにソフトのほうがプロよりも強くなってしまったら…

もともと羽生名人は羽生マジックと言われる誰も予測できない手を使うことで知られていましたが、
最近は特に、変な手(?)を使うことが多くなってきているような気がします。
…まぁ、相手の読み筋を外しているのでしょうが、
ソフトが絶対に使わない手を意識してさしているようにも思えます。
(これに関しては佐藤九段なども…)
まぁ、的外れかも知れませんし、
ファンとしては、もっと堅実に勝ってほしいところでは…

閑話休題ですが、ナウシカ…いつ見ても面白いな…
我々は地球の環境をこのようにしないようにしなくては…
まぁ、核戦争でもやらかさなければここまでひどくなることは無いでしょうが…

…それにしても、なんといういたわりと「友愛」か…(笑)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-19 23:19 | 写真日記 | Trackback

枝垂れ梅

最近ブログへの画像のアップはThinkPad A30P…と言う古いノートパソコンから行っています。
画像の画像の最終的な色の調整もこのパソコンで行っていますが、
やはり、このノートパソコンで画像の調節するのはかなり無理がある気がします…

…どうも他のパソコンで見ると(´・ω・`)ショボーンな結果になることが多いです…

さて、曽我の梅は35000本と言われていますが、
主に実を採るために栽培されているため、白梅が多いです。
しかし、近年では観光地化が進み始めたか、
その他の種類の梅も増え始めたようで、
立派な枝垂れ梅なども見られるようになりました。
本日は、この枝垂れ梅の写真を…

b0084270_2127858.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21272684.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21274658.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_2128063.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21321599.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21323246.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_2133398.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21331889.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1250秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21333498.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_21334670.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8(ソフトフォーカスLV2)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

王将戦第四局が始まりました。
戦局は第2局同様、久保棋王のゴキゲン中飛車。
対する羽生王将は丸山ワクチンを採用。
持久戦かと思われましたが、羽生王将が仕掛けて2日目に入りました。
…やや準備不足な気がしますが、何か手があるのだろうか…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-17 22:01 | 写真日記 | Trackback

梅と青空

…どうも昨日は寒々とした写真ばかりアップしてしまいました…
こんな写真で誰がこの地に行ってみようと思うだろうか…

…と言うわけで、反省も踏まえて、本日は明るい写真をアップします。

b0084270_23285243.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_2329311.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_23295731.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB 明るさ調整

b0084270_23302586.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_23304569.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

b0084270_2331779.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB 明るさ調整

曽我梅林は梅林をめぐって終わりにする方も多いようですが、
別所梅林から見晴台→一本松→六本松のルートは一度歩いて欲しいルートですね。
晴れていれば富士山や相模湾、箱根連山を眺めながら、
ゴキゲンなハイキングが楽しめます。
…まぁ…筋肉痛になりましたが…(汗)

3枚目の写真ですが画像調整前の写真はこんな感じ…
b0084270_23425849.jpg

3枚目のトリミングのみの元画像です。

暖かさを出そうとするあまり、明るさとコントラストを持ち上げていますが、
空の階調は失われています。
…こう言う時は高輝度側階調優先をONにした方が良かったかもしれませんね(汗)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-16 00:00 | 写真日記 | Trackback

曽我梅林まで行ってきましたが…

日曜日は小田原の曽我梅林まで行ってきましたが…
どうも生憎なお天気…

やはり先週土曜日あたりに行っておくべきでした…

b0084270_2342481.jpg

EOS 5D Mark II + EF24-105mm F4L IS USM(82mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/320秒 EV0.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

昨日朝、地元でも小雪がぱらついていましたが、こちらの方では積もっていたようです。

b0084270_2347639.jpg

EOS 5D Mark II + EF24-105mm F4L IS USM(50mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/800秒 EV-1.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

…空はこんな感じ…

b0084270_2350865.jpg

EOS 5D Mark II + EF135mm F2.8
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1000秒 EV-1.0
ISO感度100 スポット測光 AWB ソフトフォーカスLV0

それでもほんの数分ではありますが、富士山の姿を拝めたのは不幸中の幸いか…

b0084270_2358841.jpg

EOS 5D Mark II + EF17-40mm F4L USM(17mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/1600秒 EV-1.0
ISO感度100 スポット測光 AWB

なんとも心もとないですが、しばらく曽我梅林でしのぐことにしますか…(汗)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-15 00:00 | 写真日記 | Trackback

GXテレマクロの比較

10・11日の王将戦第三局。
先手久保棋王は第一局・棋王戦第一局と同じく石田流三間飛車を採用。
一方の羽生王将は相振り飛車で対抗。
棋士にはスペシャリストとオールラウンダーがいますが、久保棋王は前者、羽生王将は後者です。
結果、羽生王将かなり追い上げましたが、久保棋王の勝ち。

さらに13日第3回朝日杯将棋オープン戦準決勝・決勝。
決勝は羽生名人と久保棋王の組み合わせ…
それを聞いたときの久保棋王の反応は…「またですか(笑)」
さらにそれを聞いた羽生名人の準決勝の対戦相手だった谷川九段の反応は
「さっき久保さんが決勝の相手を聞いてまたですかって言ってましたけど、 彼が言うのはまだ早いですね」。
…いや…ごもっとも…
その谷川九段も名人挑戦の芽を残しています…。
…実現すると年齢的にもおそらく最後の羽生対谷川の名人戦になるのでしょう…

将棋の方は久保棋王のゴキゲン中飛車からの穴熊囲い。
羽生名人は居飛車穴熊…
…非常に難解…しかし、徐々に羽生名人の優勢に傾き、そのまま押し切りました。

持ち時間の短い棋戦は若手有利と言われていますが、
朝日杯と言いNHK杯(…こちらも決勝進出)と言い今年で40になる羽生名人…まだまだ健在ですね。
この二人の次の対局は王将戦第四局で2月17・18日です。

さて、本日の写真は…
GX200とGX8のテレマクロで撮り比べてみました。

b0084270_1243979.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/3秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_135152.jpg

Caplio GX8 焦点距離 17.4mm
絞り優先AE F値 4.3 ISO感度 64 シャッタースピード1/2秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_125271.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 400 シャッタースピード1/14秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1262831.jpg

Caplio GX8 焦点距離 17.4mm
絞り優先AE F値 4.3 ISO感度 400 シャッタースピード1/13秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1252485.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 1600 シャッタースピード1/64秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_1264571.jpg

Caplio GX8 焦点距離 17.4mm
絞り優先AE F値 4.3 ISO感度 1600 シャッタースピード1/48秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

いまさらこんな検証に意味があるのだろうか…
被写界深度の違いは…誤差の範囲か…最低ISOだとブラインドでは区別できん…
ノイズは1600では大差ないですが、400では多少の改善が見られますね。
実効感度が上がっているのが地味にうれしいかも…
GX200は手ぶれ補正もあるので、良像率はかなり高くできます。
画像が甘いですが、三脚も使わないいい加減なものなので…(汗)

…あれ…GX200…GX8よりもテレマクロでかなり寄れますね…
カタログを見直すとテレ端でレンズ先端より4cm…GX8は10cmでした。
…これならもっと早く入手しておけばよかったかな…
…ただ、寄れ過ぎて最短の間合いではストロボは使いにくいですが…

実際に同時に使ってみると、10cm程度の間合いでは確実にピントが来るので、
使い勝手はかなり改善しています。
GX8ではマニュアルフォーカスで固定する必要がありました。

コンパクトデジカメであるにもかかわらず、GX8の操作性では感嘆させられましたが、
GX200はそれにさらに磨きがかかっています。
ただ、デュアルダイアルにして片方マニュアルフォーカスにしてほしかったなぁ…
DP1のダイアルマニュアルフォーカスは直感的で使いやすいんだよなぁ…


写真ブログ
[PR]
by murakumolabo | 2010-02-14 02:41 | 写真日記 | Trackback