月に叢雲 花に嵐

<   2007年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

5月31日 5月27日 舞岡公園

今日は EOS-1D Mark III の発売日ですね~。
個人的には1D Mark II Nが安くなってくれれば…と思いますが、
まだまだマップカメラの中古販売価格が35万くらいですね…

最近はタウンザックSに1D Mark II NとEF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II、
EF17-40mm F4L USM、EF100mm F2.8 マクロ USM、
MACRO 50mm F2.8 EX DG or 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE、
そしてKissデジタルNを持ち歩いていますが、
1D Mark II Nには常にEF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIがついている状態です。

Kissを使えばよいのでしょうが、やはり1D Mark II Nを使った後はKissデジタルNのファインダーは辛いものがあります。
もうひとつ1D Mark II Nがあれば、写真の幅が増えるかな…とも思いますが、
この価格ではなかなか思い切れませんね(汗)

さて、昨日の続きですが、栗林を抜けて、しばらく撮影した後、瓜久保の家で、
横浜の蝶図鑑のSさんに初めてお目にかかりました。
ウラナミアカシジミが撮れたということなので、
見せていただいたりしていると、
すぐとなりのエノキの樹に蝶が舞い降りました。

b0084270_24425.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/395秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_24408.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/664秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

ちょっと遠いですが、アカボシゴマダラの春型と、ゴマダラチョウです。
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-31 02:07 | 写真日記

5月30日 5月27日 舞岡公園

舞岡公園の栗林にはクヌギがあるらしくオオミドリシジミがテリトリーを張ることがあるようですが、
まだ発生前のようでした。
う~んなんとか撮りたいものですが…

また、ウツギやイボタがあり、イボタはウラゴマダラシジミの発生源のひとつになっています。
ここのイボタは午後になると日陰になってしまうので、午前中に狙いたい所です。

b0084270_22524832.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/332秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_22532289.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/166秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

イボタはここ以外にもあちこちにあるので、
ウラゴマダラシジミは舞岡公園で一番普通なゼフィルスになっています。

なお、ゼフィルス(Zephyrus)とはギリシャ神話に登場する西風の妖精のことで、
Artopoetes、Ussuriana、Coreana、Shirozua、Japonica、Antigius、Wagimo、Iratsume、Favonius、
Neozephyrus、Chrysozephyrusの各属に属している、
この時期にのみ現れるミドリシジミの仲間のことです。
学術的にはTheclaが正しいのですが、それを指摘するのは無粋というもの。
この美しく小さな愛すべき蝶は妖精を名乗るにふさわしい…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-30 00:00 | 写真日記

5月29日 5月27日 舞岡公園

実は27日はまた裏高尾の予定だったのですが、
電車を1本乗り過ごしてしまいました。
1本乗り過ごすと到着は1時間後になります。
それではと目的地を急遽舞岡公園に変更しました。

到着は8時ごろで、早速カワセミが出迎えてくれましたが、
鳥撮りな方の話ではこの日はそれ程チャンスはなかったようで、
若鳥もまだ姿を見せていないとのことでした。

まず駐車場のクヌギの樹液を確認しましたが、出ていません。
えのき休憩所で持参したおにぎりを食べながらアカボシを待つも、
1~2回目撃したのみ。
え~い、昨年撮影した外来種ごとき、待ってられるか~とキレて、
移動を開始し、
栗林の入り口付近でカワセミを撮影していると、
昨年お会いした方とバッタリ。
栗林につくとすでに2人ほど撮影していました。

b0084270_1355179.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/332秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_1361613.jpg

上のトリミングです。

アカシジミです。
昨年ウラナミアカシジミは撮れたのですが、
こちらは撮れなかったなぁ~。

栗の木の花はまだまだですが、
ここの栗の木は背が低く、花に来る虫を撮影するには最高です。
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-29 01:46 | 写真日記

5月28日 5月26日近所のスーパーにて

27日は久しぶりに舞岡公園に行ってきたのですが、
その前に…

家庭菜園で撮影したあとのどが渇いたので近所のスーパーに入った所、
ちょっとした事件が起こっていました。

b0084270_343444.jpg
EOS-1D Mark II N + EF100mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/83秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

親ツバメがお店の中に入り込んでしまい出られなくなってしまったのです。

b0084270_3453952.jpg
EOS-1D Mark II N + EF100mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/256秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

その後、なんとか脱出に成功し、子ツバメたちも安心した表情。
巣立ちはもうすぐですね…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-28 03:48 | 写真日記

5月27日 5月26日家庭菜園にて

連日の猛暑で脳が逝ったのか、
デジタル一眼レフで2つ目のシステムに手を出すと言う愚を犯してしまいました…

購入したのはα-7 DIGITAL と AFマクロ100mmF2.8(D)

α-7 DIGITALは中古ですが、
スーパースフェリカルアキュートマット採用のM型スクリーンがついてくると言うことでつい…
ソニー参入以来中古のαレンズが高騰しているとは知らず、
結構な金額になりましたね

早速試し撮り…と思いましたが、気分が乗らず、
近くの家庭菜園でのデビューとなりました。

b0084270_121492.jpg
EOS-1D Mark II N + EF100mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1024秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_1175382.jpg
α-7 DIGITAL + AFマクロ100mmF2.8(D)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度100

レンズの焦点距離は同じですが、
換算が違うため、EOSの方が至近からの撮影になっています。
違いはαが暖色系、EOSが寒色系…
…他はなんとも…(汗)

ファインダーの大きさは大差なし、
ピントもそれ程違いは感じず。
見え方も遜色なし。
EOSのほうが撮像素子が大きいので、
倍率はαの方がはるかに高いのですが、慣れもあるのかも知れません。
また視野率100%ファインダーに慣れているため、
切ったはずのものが写っている…

ちなみにEOSが方眼レザーマットのEc-D型、
αがスフェリカルアキュートマットのG型を使用。

大きく違うのがボケの表現で、
αの方はEOSでは確認できない円ボケがファインダー上で確認できました。

…やはりファインダーが良いと楽しく撮影できますね。
M型とスーパープレシジョンマットのEc-Sも比べて見なくては…

差があるのはやはりオートフォーカスで、
これはEOSの圧勝。

露出もαはやや信用できない所があったので、
露出を変更しながら撮影しました。

動体撮影にこのシステムを使用するのは厳しいかもしれません。
…さてこのシステム…買ったはいいが成長させるかどうか…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-27 01:53 | 写真日記

5月26日 5月22・24日日比谷公園

今週前半は天気の良い日が続きました。
日比谷公園では次々とトンボが発生しています。

イトトンボ類やシオカラトンボからギンヤンマやショウジョウトンボも見かけました。

今日の写真は赤いイトトンボです

b0084270_511676.jpg
Caplio GX8 プログラムAE
焦点距離 17.4mm F値 4.3 シャッタースピード1/143秒 ISO感度 64
露出補正 EV0.0

尻尾まで赤っぽいのでてっきりベニイトトンボかと思いましたが…

b0084270_5115578.jpg
Caplio GX8 プログラムAE
焦点距離 17.4mm F値 4.3 シャッタースピード1/189秒 ISO感度 64
露出補正 EV0.0

2日後見つけた個体は、尻尾の色が緑色っぽくなっていました。
…アジアイトトンボの若いメスだったのかな…(汗)
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-26 00:18 | 写真日記

5月25日 5月20日谷津干潟

どうも回線が不調で更新ができませんでした。
う~ん…モデムがそろそろ寿命っぽいです…

パソコンもメインの母艦はWindows Me、440BX+ATAカードと言う構成なのですが、
137GBの壁を越えることができないようなので、
デジカメで大容量のデータを蓄積していくと、容量が不足がちです。

かといってライセンスの問題でWindows 2000は使えないし、
今更OEM版のWindows XPを購入するのもどうかと…(汗)

さて今日の写真は、これも絶滅危惧種のセイタカシギです。

b0084270_22384829.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/664秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-25 23:02 | 写真日記

5月23日 5月20日谷津干潟

今回の撮影スタイルは手持ちで流し撮りの要領で、
飛翔するオスを追いかけながら、
AIサーボ+連写で撮影していますが、
被写体が遠いこともあり、なかなか満足いく写真は得られませんでした。

今回使用したシステムのF値は5.6なので、
クロスセンサーは動作していません。
もし、クロスセンサーが有効であれば、
あるいは、5Dや1D Mark III では装備している、
AIサーボ用の補助センサーがあれば、
歩留まりは向上しただろうか…

いずれにせよ、現状のシステムで腰が痛くなっているようではいかんとも…(汗)

b0084270_21738.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード トリミング

b0084270_2173814.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード トリミング

やはり水面のキラキラはあったほうが良いですね。
もう少し寄れれば、このキラキラも円ボケになったのでしょうが…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-23 02:26 | 写真日記

5月22日 5月20日谷津干潟

さて、昨日の写真の続きですが、
コアジサシは魚をくわえてどこに行ったかと言うと…

b0084270_126986.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード トリミング

…もちろん…

b0084270_1175784.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード トリミング

…彼女にプレゼント…なわけです。

この一瞬があるので、マニュアルフォーカスでも、
メスにピントを合わせていれば、プレゼントの瞬間を狙うことができ、
デジスコ大活躍の被写体ですね。

コアジサシはホバリングしたり、飛び込んで魚を捕獲したりと、
ムーブがカワセミに似ていてなかなかおもしろかったですよ。
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-22 01:26 | 写真日記

5月21日 5月20日谷津干潟

日曜日はやや風が強かったものの良い天気でした。

谷津干潟についたのは7時ごろ。
ちょうど満潮でした。

施設が開くのが9時なので写真を撮りながら3.5kmの散策路を2周ほどして、
お昼過ぎには潮が引いたこともあり、
早々に撤退しましたが…腰に来た(汗)

写真は危惧していた通り実用ギリギリです(汗)
デジスコで2000mmを実現している方から見せてもらいましたが、
やはり、いいですね。
秒15コマ撮れるサンヨーのをベースにしていると言うことでしたが、
いろいろありますね。

さて、今日の写真は…

b0084270_20502724.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_20514043.jpg

上のトリミングです。

今回はほとんどコアジサシの撮影に終始しました。
様々な姿を観察できましたが、
珍しくAIサーボ+連写モードを使ったので撮影枚数は300枚程度、
飛翔の撮影はピントが満足いくものはそれ程なく、
その中で構図が良いと思えるものはさらに少なく、
歩留まりはよろしくないですね。

また、コアジサシを追っていたので、
バリエーションはイマイチです。

この写真は、しょっぱなに撮った、
魚をくわえて飛翔中のコアジサシです。
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-21 00:00 | 写真日記