月に叢雲 花に嵐

α900

私はEOSとペンタックスのKと67、そして実はαマウントユーザーでもあります。


α-7 DIGITAL + AFマクロ100mmF2.8(D)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度100 AWB


EOS-1D Mark II N + EF100mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1024秒 EV0.0
ISO感度200 AWB

ホワイトバランスはEOSよりもむしろ好み。
ファインダーの表現は圧倒的です。

しかしオートフォーカスが遅い…
まぁマクロはマニュアルで撮れ…と言う説もありますが…(苦笑)

…でα900ですが…
2,460万画素で、店頭予想価格は33万円前後…
…これは…EOS-1Ds MarkIII…死亡確認。
次の1Dsはもっと安くなるのだろうか…
50Dの画素ピッチでフルサイズセンサーをつくると3500万画素か…
…う~ん…ムーアの法則…

感度がISO200~3200で拡張でISO100~6400…と言うのは少し残念…
12800よりも50が欲しかったかな…

33万円ですが…1Dsがあるので、このスペックでこの価格は安く感じますが、
私にはオーバースペックすぎますね…。

現在私が各メーカーに対して持っているイメージは、
スポーツのキヤノン、
報道のニコン、
ポートレートのソニー、
マクロのオリンパス、
スナップのペンタックス、
お飾りのライカ
…と言った感じ。

超音波AFレンズの多いキヤノンはスポーツ向け。

ニコンは…まぁ…報道なら1200万画素もあれば十分じゃねぇ?
…というわけではなく、信頼性とストロボの使い勝手。

αはSTFを持ち出すまでも無く、
ボケにもっともこだわったシステム。

オリンパスは昔のイメージと、
フォーサーズなので等倍で2倍マクロ。

ペンタックスのコンパクトな単焦点群はスナップに最適。

ライカは…
…まぁ、ライカをぶら下げている人が、
自分でフィルムを詰められなかった…と言う笑い話もありますし(笑)


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-09-10 21:57 | 写真日記