月に叢雲 花に嵐

三脚変えました

私はクイックセットのハスキーショート4段…と言う三脚を愛用していましたが、
ごくまれに、高さがたりないシーンがありました。

クイックセットの三脚はあまりにも快適なので、
買い換えるなら次回もここ以外は考えられないのですが、
ノーマルの※4段は収納時の長さが通常の3段と同じ長さなので、
移動時の取り回しに劣ります。

※三脚は3段のものと4段のものが多いのですが、
一般的に3段のものは4段のものよりも短くしたときの長さが短くできるものが多く、
3段のものは電車や徒歩移動で携帯するには長すぎます。
しかし、多くの4段三脚は4段目の足が細くなってしまい、
緊急用にしか使えないことも多いのですが、
クイックセットのショート4段は知る限り唯一、4段目が実用になり、
携帯が苦にならない大きさの4段三脚でした。
ノーマルの4段は私の用途ではちょっと長すぎです。

調べてみると、フジヤカメラが特注で
ショート4段より高さが出て、
ノーマルの4段よりは収納時の長さが短くなったトラベラー4段と言うのを発売していて、
欲しいと思っていたのですが、永らく欠品が続いていました。
しかし、先日、ついに在庫がでたので、現物も見ずに購入してしまいました。

花火の写真からこちらを使用していますが、今のところ見事に期待に応えてくれています。

ただ、雲台のマンフロット 468MGがやや不満になってきたので、
重くて持ち出せない405 Geared Headに代わって410 Geared Headの導入を検討中です。
この雲台を常用する上での問題は、
クイックシューが内蔵されていて、そのクイックシューが高いことですね…(汗)

実のところ私はほとんど手持ちで撮ってしまいますが、
今日のような写真は三脚がないとどうしようもありません。
そしてこのような写真はビデオ雲台のような操作性よりも、
ギア雲台の構図の正確さが求められます。
自由雲台は軽さは良いのですが、縦位置の撮影は制約が多いですね…

b0084270_832379.jpg

EOS-1D Mark II N + EF24mm F2.8
マニュアルAE F2.8 シャッタースピード15.20秒 EV0.0
ISO感度50 マニュアル測光 白熱灯

開放で撮影した割にはピントが合いました。
EF24mm F2.8はUSMもない安いレンズですが良いレンズです。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2008-08-20 08:08 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/9328973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とちたん at 2008-08-20 22:15 x
ハスキー、あんまり聞かない名前の三脚なので
調べたら、結構高いんですね(^_^;)
僕は、風景殆ど撮らないので、三脚は鳥撮りメインで
結局、ハクバのカーボンHG-633MC、パイプ径28mmの3段三脚に
同じくハクバの自由雲台BH-P52を使ってますが
やっぱビデオ雲台+リモコンケーブルが欲しいですね(^_^;)
Commented by murakumolabo at 2008-08-21 00:44
>とちたんさん
三脚はしょっちゅう買い換えるものではないので、
高くても納得できるものを買ったほうが良い…
…と言うのが数回買い換えてたどり着いた結論です(苦笑)

リモコンはリレーズタイムラグが発生するので、
普通のケーブルリレーズのほうが良いと思いますよ?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード