月に叢雲 花に嵐

9月16日 EF85mm F1.8 USM

今日は先週に引き続きEF50mm F1.4 USMのテストを行ないましたが、
APS-Hで使用すると、かなり強烈な口径触が発生する模様。
もとよりキヤノンはボケに関しては無頓着なメーカーではあるのですが…

やはりこの辺をコントロールするにはフォーサーズのように、
デジタルに最適化したレンズに置き換えていくしかないのでしょう…
EOSのレンズが置き換わるのと、
フォーサーズの主要レンズが超音波化するのはどちらがはやいだろう…
まぁフォーサーズにはファインダーが大きくできない…と言う呪いもあるのですが…

さて、EF85mm F1.8 USMです…
EOSの2つの85mm単焦点の安いほう…
しかし、EF50mm F1.4 USM同様、評価の高いレンズです。
構成はインナーフォーカス化したゾナー…といった所。
このタイプはキヤノンが最も得意とするところですね。

では絞り開放、最短距離付近での写真を…

b0084270_2511099.jpg
EOS-1D Mark II N + EF85mm F1.8 USM
絞り優先AE F1.8 シャッタースピード1/1579秒 EV0.0
ISO感度50 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_2513623.jpg
上のトリミングです。

EF85mm F1.8 USMの最短撮影距離は0.85m、最大撮影倍率は0.13倍。
大きさはEF50mm F1.4 USMとほぼ同じくらい。
ピントはEF50mm F1.4 USMの方が浅いですね…

良くも悪くも優等生なレンズですね。
これを普通だと思ってしまうと他社のシステムは使えなくなります。
[PR]
by murakumolabo | 2007-09-16 03:06 | 写真機材について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/7448750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード