月に叢雲 花に嵐

5月30日 5月27日 舞岡公園

舞岡公園の栗林にはクヌギがあるらしくオオミドリシジミがテリトリーを張ることがあるようですが、
まだ発生前のようでした。
う~んなんとか撮りたいものですが…

また、ウツギやイボタがあり、イボタはウラゴマダラシジミの発生源のひとつになっています。
ここのイボタは午後になると日陰になってしまうので、午前中に狙いたい所です。

b0084270_22524832.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/332秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_22532289.jpg

EOS-1D Mark II N + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/166秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

イボタはここ以外にもあちこちにあるので、
ウラゴマダラシジミは舞岡公園で一番普通なゼフィルスになっています。

なお、ゼフィルス(Zephyrus)とはギリシャ神話に登場する西風の妖精のことで、
Artopoetes、Ussuriana、Coreana、Shirozua、Japonica、Antigius、Wagimo、Iratsume、Favonius、
Neozephyrus、Chrysozephyrusの各属に属している、
この時期にのみ現れるミドリシジミの仲間のことです。
学術的にはTheclaが正しいのですが、それを指摘するのは無粋というもの。
この美しく小さな愛すべき蝶は妖精を名乗るにふさわしい…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-30 00:00 | 写真日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/6916215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とちたん at 2007-05-29 23:26 x
ウラゴマダラシジミって言うんですか、パッと見ヤマトシジミに
見えて見過ごしそうです(^_^;)
もっと良く見ないとダメですね
Commented by murakumolabo at 2007-05-30 00:31
>とちたんさん
ヤマトシジミやルリシジミに似ていますが、
Artopoetesなのでゼフィルスです。
ルリシジミよりも少し大きいので見ればわかるかと。
ウラギンくらいの大きさです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード