月に叢雲 花に嵐

5月27日 5月26日家庭菜園にて

連日の猛暑で脳が逝ったのか、
デジタル一眼レフで2つ目のシステムに手を出すと言う愚を犯してしまいました…

購入したのはα-7 DIGITAL と AFマクロ100mmF2.8(D)

α-7 DIGITALは中古ですが、
スーパースフェリカルアキュートマット採用のM型スクリーンがついてくると言うことでつい…
ソニー参入以来中古のαレンズが高騰しているとは知らず、
結構な金額になりましたね

早速試し撮り…と思いましたが、気分が乗らず、
近くの家庭菜園でのデビューとなりました。

b0084270_121492.jpg
EOS-1D Mark II N + EF100mm F2.8 マクロ USM
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/1024秒 EV0.0
ISO感度200 ピクチャースタイル:スタンダード

b0084270_1175382.jpg
α-7 DIGITAL + AFマクロ100mmF2.8(D)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度100

レンズの焦点距離は同じですが、
換算が違うため、EOSの方が至近からの撮影になっています。
違いはαが暖色系、EOSが寒色系…
…他はなんとも…(汗)

ファインダーの大きさは大差なし、
ピントもそれ程違いは感じず。
見え方も遜色なし。
EOSのほうが撮像素子が大きいので、
倍率はαの方がはるかに高いのですが、慣れもあるのかも知れません。
また視野率100%ファインダーに慣れているため、
切ったはずのものが写っている…

ちなみにEOSが方眼レザーマットのEc-D型、
αがスフェリカルアキュートマットのG型を使用。

大きく違うのがボケの表現で、
αの方はEOSでは確認できない円ボケがファインダー上で確認できました。

…やはりファインダーが良いと楽しく撮影できますね。
M型とスーパープレシジョンマットのEc-Sも比べて見なくては…

差があるのはやはりオートフォーカスで、
これはEOSの圧勝。

露出もαはやや信用できない所があったので、
露出を変更しながら撮影しました。

動体撮影にこのシステムを使用するのは厳しいかもしれません。
…さてこのシステム…買ったはいいが成長させるかどうか…
[PR]
by murakumolabo | 2007-05-27 01:53 | 写真日記