月に叢雲 花に嵐

2月5日 私がEOSを使う理由

私はEOSのシステムを使用していますが、
それは、あるレンズを使用したいがためでした。

まずはそのレンズを使用した作例を…

b0084270_22472352.jpg
EOS-1D Mark II N + MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
絞り優先AE F4.0 シャッタースピード1/256秒 EV0.0
ISO感度400 ピクチャースタイル:スタンダード トリミング

…この小さい粒々は何でしょう?

b0084270_22492332.jpg
上のリサイズのみです。

あるレンズとはMP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト。
無限は出ないマクロ専用レンズで、
マニュアルフォーカスオンリーで、1D系以外ではAEすら動きません。
しかし、現行のレンズで、5倍までの拡大をメーカーが保証するレンズはこれだけです。
私はこのレンズがあるが故にEOSにし、1D Mark II N を使用しています。

今日は、このレンズを持って家庭菜園へ。
ビーンズバッグは持ってきたのですが、アングルファインダーとマクロストロボを忘れました(汗)
かなり苦労してオオイヌノフグリのおしべを撮影。小さいのは花粉袋でした(笑)
ピンがわずかに後ピンでしたが、比較的シャープなものを…
…撮像素子にゴミがありましたね(苦笑)
[PR]
by murakumolabo | 2007-02-05 00:08 | 写真日記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/6434209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とちたん at 2007-02-05 00:11 x
おお凄~い(*^_^*)まるで顕微鏡ですね
僕の90マクロじゃ出来ない芸当だ、これなら蝶の燐粉なんかも
撮れそう、あっでも逃げちゃうか?
90マクロは等倍マクロだけど、+ケンコー1.5倍テレコン使えば
まさに1.5倍マクロになるのかな?
Commented by メカロク at 2007-02-05 22:29 x
murakumolaboさん、こんばんは。

私の大好きなオオイヌノフグリを、こんなにもドアップで掲載されると、「ドアップのメカロク」、出てこない訳には行きません・・・ナンテネ!

>私はEOSのシステムを使用していますが、
それは、あるレンズを使用したいがためでした。
>あるレンズとはMP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト。

このことは、以前にも伺った記憶があるのですが、「このレンズのために、EOS-1D Mark II N を買われたにしては、このレンズ、冷遇されているなぁ~!」と、ちょっと気になっていました。

でも、さすが、murakumolaboさん!
たまに引っ張り出したレンズで、しかも、 確か、「暗くてピントを合わせるのも大変!」と仰っていたのに、この大写しでこのピント! 脱帽です。

私は、このような高価なレンズ(おまけに、高価なボディまで必要!)はおろか、ベローズシステム(フォーサーズには未だないし・・・)などにも手が出ませんので、逆付けで対応するしかありません。

字数オーバーのため、ここで一旦切ります。
Commented by メカロク at 2007-02-05 22:30 x
偶々、昨年の4月12日に、オオイヌノフグリで撮影倍率の比較をし、その翌日には、より小さいキュウリグサで比較をしておりますので、よろしかったらご覧ください。
 http://plaza.rakuten.co.jp/mekaroku/diary/200604120000/
 http://plaza.rakuten.co.jp/mekaroku/diary/200604130000/

とちたんさん、こんばんは。

>90マクロは等倍マクロだけど、+ケンコー1.5倍テレコン使えば
まさに1.5倍マクロになるのかな?

私のカメラはフォーサーズのため、等倍マクロは、35mm換算で2倍相当になります。
それでも、撮影倍率が物足りず、中間リングや1.5倍テレコンを組み合わせて撮っていました(このレンズは、逆付けはできません)。
正確に1.5倍になるかどうかは確認していませんが、より大きく写ることだけは確かですよ。

上記4月12日には、90mmマクロに1.5倍テレコンと中間リングを併用して撮った写真もアップしていますので、よろしかったらご覧ください。

お邪魔しました。
Commented by murakumolabo at 2007-02-06 00:31
>とちたんさん
蝶の燐粉は等倍でも大丈夫だと思います。
欲を言えばマクロストロボが欲しいですね。
蝶の全面にピントを合わせるには、
標準マクロでもかなり絞り込まないと厳しいので…

K100DはCCDの大きさにより、換算1.5倍になるので、
1.5倍テレコンを使えば2.25倍以上ですね。
実際にはテレコン分レンズが長くなるので、理論値よりも大きくなるはずです。

拡大するだけなら、メカロクさんがよくやられる、広角逆付け、
さらにマイナーですが前玉はずしと言う技術もあります。
お手軽なものにはテレコン、中間リング、RAYNOXのミクロ探険隊…なんて言うものもあります。
http://www.raynox.co.jp/japanese/35mmacc/jpcm2000.htm
Commented by murakumolabo at 2007-02-06 00:49
>メカロクさん
すっかりご無沙汰で、撮影地につくまで、
マクロストロボやアングルファインダーのことを失念していました(汗)
でもビーンズバッグは大活躍でした…
…と言うか、これが無ければ撮影自体無理でした…
とにかく風が強かったので、
背の低いオオイヌノフグリでも動く動く…
シャッタースピードがでないことにも泣かされ、
これ以上絞ったものもあるのですが、ことごとくブレました。

結局、このレンズ、ベローズ内蔵レンズに過ぎないので、
このことに気づいていればこんなに高いシステムにする必要は無かったのですがね~(汗)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード