月に叢雲 花に嵐

梅の花

2月ももう1/3が過ぎようとしているのに首都圏で記録的な大雪が降っている…
少し外を歩いてきたが、
こんなに雪が積もっているのを見るのは、
いつぞや冬に入笠山をスノーシュー装備で登って以来だ…

幸い死者は出ていないようだが、数百人単位でけが人が出て、
停電している地域もあるようだ。

明日は都知事選挙である。
一週間くらい延期すればよさそうなものだが、
投票率が減ってラッキーとばかりに強行するそうだ。

安倍政権は実についている。
投票率が低ければ、創価学会や自民党、労働組合票までまとめている、
舛添が有利に決まっている。

しかし、都知事選の結果によって、
安倍政権が推し進めている
原発再稼動・憲法改正・再軍備あるいは徴兵といった項目が近づくことになる。

原発再稼動→軍事増強→核武装…
…この流れは北朝鮮がまさにやっていることであり、
私はこれを北朝鮮化と呼んでいる。

すでに秘密保護法は成立している。
日本の北朝鮮化はすぐそこだ。

GDPが中国に抜かれて3位になってから、
アメリカは日本より中国と仲良くやったほうが得と判断するようになったようだ。
つまり、中国の軍事的脅威にアメリカの軍事力は前よりも期待できない。

中国は真偽はともかく南京大虐殺などを信じており、
かつては大規模な反日デモをやっていた国家だ。
もし仮に日本が中国に占領されるようなことがあれば、
その扱いはチベットよりも過酷なものとなる可能性がある。

…となると、軍事増強、核武装…と言うのは間違っていないのかもしれないが、
北朝鮮のようになってしまったこの国にはたして命をかけて護る価値があるのだろうか。

北朝鮮?まさかと思うかもしれないが、
ほんの100年もたっていない昔に、
若者を片道だけの燃料しか積んでない飛行機に乗せて、
天皇陛下万歳と敵艦に特攻させた国はまさにこの国であり、
作家をアカと決め付け拷問死させたのもこの国であり、
民間人に捕虜になるより自殺しろと強要したのもこの国である。

いずれにしても、戦争だけははごめん被りたいものだ。
無論いまだ解決が見えない原発事故もだが。

さて、日比谷公園の梅の花は例年12月に咲いたりしているのだが、
ここ数年咲くのが遅れており、
今年など2月になっても少ししか花が咲いていない有様であった。

b0084270_3315451.jpg


やませ吹き まだ咲きやらで 梅の花 被害無しとて 事故な忘れそ

b0084270_332259.jpg


b0084270_3321559.jpg


梅の花は極端に遅かったが、蝋梅や満作はそうでもない。

最近、更新が滞っている。

かつては日本の美しい自然を撮影してきたが、
最近はさほど美しいとは思えなくなった。
軍靴の音が近づいてくると写欲は萎えるものらしい。
戦場カメラマンにはなれそうも無い…

今日こずは 明日はセシウム 降りなまし 消えずはありとも 花と見ましや

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2014-02-08 23:59 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/22022267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード