月に叢雲 花に嵐

入笠湿原の秋

もう結構時間がたってしまったけれど、9月1日に入笠湿原まで行ってきた。
例によって5時前に出発し、すずらんの里に着いたのは9時を回っていた。
途中荻窪あたりで大雨が降っていたが、立川あたりでは止んでいたので予定決行。
山は曇っていたが汗ばむ陽気。
すずらんの里駅は標高946.6m。…それでも暑い…
ここから富士見パノラマリゾートまで歩く。

富士見パノラマリゾートは富士見駅より10時に無料シャトルバスが出ているが、
徒歩ではすずらんの里の方が近いし、途中で蕎麦畑を撮影するのも重要な目的のひとつだ。
昔は夜行列車で青柳駅から徒歩で入笠まで登ったらしい。
私も一度試したことがあるが、もはや誰も登らないらしく危うく遭難しかかった。
結局その時は富士見まで回って車道から登ったが、徒歩で登ることはおそらく二度とないだろう。

富士見パノラマリゾートからゴンドラリフトに乗り一気に山頂駅へ。
天気がよければ正面…背面か…に八ヶ岳が見えるのだが、
どうもここで八ヶ岳が見えたためしがない。
ゴンドラリフトの下はダウンヒルのコースになっており、
高地性の植物の間をマウンテンバイクが滑り降りていく。
自転車はゴンドラリフトに乗せることができ、そのためにゴンドラリフトはかなり広いつくりになっている。
料金は簡単な植物図鑑がついた観光用の小冊子がついて往復1600円。帰りにお絞りがもらえるのが地味にありがたい。

ゴンドラ駅を降りると、ひんやりと涼しい。
22℃だそうだ…
近年このあたりも観光地化が進んでいる。
恋人の聖地とか言う展望台ができていた。
裏山にはかつてはヒヨドリバナが多かったがマツムシソウがやたらと目に付いた。
蝶の写真はここでお腹いっぱいになるほど撮影できたので、
入笠湿原だけまわって下山することにする。

入笠湿原…

b0084270_2374924.jpg


b0084270_2382271.jpg


b0084270_239269.jpg


b0084270_2402014.jpg


b0084270_240502.jpg


b0084270_2411674.jpg


b0084270_2413147.jpg


b0084270_2422091.jpg


湿原はエゾリンドウが主役になっていた。
…もう秋だ…

山頂駅周辺を散策しているとアサギマダラが飛んできた。

b0084270_2451030.jpg


b0084270_2452742.jpg


観光地化は進んではいるものの、野草類はしっかり残されている。

b0084270_248365.jpg


展望台まではいかず駅周辺で八ヶ岳方面を撮影。
編笠山と権現岳がわずかに見える。
手前のマツムシソウやスズランは植えられたものだろう。

名物と言うルバーブソフトを食べた後、ゴンドラリフトでおりて、
来た道を戻る。
途中にゆーとろん水神の湯と言う温泉があるが…入ったことはない(苦笑)
2時くらいにはすずらんの里に着いたが…電車は行ったばかりで2時間待ちだった…
こんなことなら温泉につかって来ればよかったか…などと思いつつベンチで倒れていると、
反対側のホームに浴衣のカップルが登ってきた。
どうやら、諏訪湖で花火大会があるらしい。
臨時列車が出ているらしく、下りの列車は頻繁に停車し何組かのカップルやファミリーを回収して行った。
ちなみに普段は無人駅だがこの時期は駅員さんが出張している。
駅到着後しばらくして雨が降ってきた。
…早めに撤退してなければズブ濡れだっただろう。
花火大会が決行されたかどうかは知らない。
…まぁミシャグジ様の思し召しのままにだ。

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-09-10 03:25 | 写真日記