月に叢雲 花に嵐

災害時の火の元の確保

ニュージーランド、東北沖、メキシコ…太平洋プレートの欠損からか、大規模な地震が相次いでいる。
首都圏でも直下型の地震が来る可能性が指摘されており、
乾パンなどの非常食や、非常用持ち出し袋を常備する人も増えていると言う。

まぁ乾パンでも良いのかも知れないが、
電気、ガス、水道…と言ったライフラインが途絶えたとしても、
やはり暖かいメシを食いたいものだ。
そんな時、アウトドアで使うような野外調理道具等が役に立つかもしれない。

東北の震災を見るに、
焚き火をする道具には事欠かなかったように見えるが、
延焼を怖れてか焚き火は禁止になっていたようだ。

…とすると火を使うには、
ガスかガソリンか燃料アルコールか固形燃料を使うことになる。

まずガソリン…ガソリンストーブは登山用品でしか売っていないホワイトガソリンのみしか使えないものもあるが、
こちらよりはガソリンスタンドで売っている普通のガソリンも使えるものの方が良いだろうが…
…あの震災時、ガソリンの補給が困難になったことは記憶にとどめておく必要がありそうだ。
…バイク旅行等には相性が良いのだが…

ついで燃アル…こちらは薬局で売っている。
装備がコンパクトだが火力が弱い。
まぁ下界で何日かしのぐにはこれで十分かもしれない。
材料に毒性があるメタノールが混ざっているため直火はやめたほうが良い。
トランギアのアルコールバーナーは開口部を絞ることで火力を調節することができる。

固形燃料は山道具屋などでも売っているが、
100円ショップで3個いりなどが売っている。
旅館などで個人用のナベなどで使うアレだが…時間も火力もそれほど高くない。
エスビットなどは燃アル以上にコンパクトだが燃焼によりススが発生する。
火力の調整?フフフ…何のことかな?

そして、ガス…これも登山用のものがあるが、
下界で使うならカセットガスが使えるものの方が良いだろう。
カセットガスはコンビニなどでも手に入るし…
ガソリンストーブよりも扱いやすいので、主流になっているが、
残量がわかりにくいのが弱点か…

他には炭とかもホームセンターなどで売ってますが、やはり延焼が怖いですね。

…まぁどの商品も実際に震災が来るとあっという間に売切れそうではある…
この手の燃料も備蓄しておき、演習などもしておいた方が良いのかもしれない。
あとは、水を濾過するフィルターなんかも入手しておくと良し。

さて、本日の写真です。

b0084270_2204835.jpg


b0084270_2205587.jpg


b0084270_2205969.jpg


b0084270_221220.jpg


b0084270_221832.jpg


b0084270_221488.jpg



写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2012-03-29 02:55 | 写真日記