月に叢雲 花に嵐

だんでぃらいおん

OECD設立50周年式典で菅総理が
自然エネルギーの発電比率2020年代のできるだけ早い時期に
20%とするよう大胆な技術革新に取り組む
と表明しました。

ドイツやスイスは日本の事故を見て直ちに原発の新設を禁止、
ドイツはすでに全停止。スイスも2034年までに全廃を決定しました。

これと比べればまだまだですが、日本の政治家にしては上出来だ…。

一方で、現在進行形で事故を起こしている当事国でもどうあっても原発を推進したい方々もいるようで…

…てめーらには金輪際票はやらん。
…絶対にだ!

共産党も都内各地の放射線を測定して公開…ホントに良くやった。
…もう全政党解党して、脱原発賛成か反対かで総選挙やっちまえよ。

…それにしても水元公園が高いなぁ…
…やっぱりネイチャーフォトグラファーが好むところは危険な場所が多い…(苦笑)


原発の問題は事故が起きた場合の問題や、
事故が起きなくても放射性物質を垂れ流しているという問題もありますが、
何より廃棄物の問題が最悪である。

福島原発では原子炉のメルトダウンが問題になっているが、
使用済み燃料棒の貯蓄プールの問題も記憶に新しい。

核分裂で高熱をつくり湯を沸かし発電する仕組みの原発は、
使用済みの燃料棒も高熱のため一定温度に下がるまで冷却が必要である。
そんな高熱のものを遠くまで運ぶことはできないので、原発施設内に置いていたら、
えらいことになった。
貯蓄プールには5重の隔壁なんてありませんでした。

…まぁそれはまだ良いんです…(良くないが…)

問題は冷却された使用済みの燃料棒…
…ある程度は再利用されますが残りは放射性廃棄物となります。
東京電力のサイトでは、産業廃棄物と比較してその少なさをアピールしていますが…
高レベル廃棄物が1.5トン/日
低レベル廃棄物が59トン/日

…ということは1年あたりは365日をかけて下記となる。
高レベル廃棄物が547.5トン/年
低レベル廃棄物が21535トン/年

さて、日本原燃の資料によると、
低レベル放射性廃棄物であっても廃棄後300年間にわたって、管理を行わなくてはならない



我々はたった1年の発電に使用しただけの放射性廃棄物のためだけに、
…たかが湯を沸かすためだけに、
今後300年この廃棄物を管理し続けなくてはならないのだ…

…そして、放射性廃棄物は年々増え続ける…

300年前といったら江戸時代だが…

300年後は24世紀…
…ドラえもんもびっくの未来だが、
四次元ポケットに廃棄することはできそうも無いだろう…

…300年の間…何の役にも立たない、放射性の…廃棄物を…管理…
コスト…保管場所…300年にわたって…国土の汚染…人体の汚染…

…ターミネーターが中曽根とか正力とか角栄とかを殺しに来ないのが不思議なレベルだ…

これを未だ推進しようというのが原発推進派…
…原発なんて20世紀の遺物だろうに…

…あー電気が足りなくなる…ですか?
今でさえ福島は第一も第二も止まってますから、柏崎の4基しか動いていませんよ?
冷房…?8月にはさらに2機止まるので、あきらめて打ち水でもしてください。
水で流せば少しは除洗の効果もありますよ。

化石燃料?
ウランだって有限なんだぜ?

二酸化炭素?
放射性物質をばら撒かれるよりよほどマシだ!!
ついでに原発は冷却に使った温水を大量に流しているぞ…
…というか原発の廃水で育てていた養殖魚を食わされていた可能性があるのかよ…

兵器級プルトニウムを抽出して核武装?
…で?その兵器どうするの?使うの?
使うと放射性物質がまた世界にばら撒かれるけど?当然こっちにも来るよ?
保管するだけ?
2万年くらい要管理になるけど、あんたらが代々管理すんの?


ふー…
さて、本日の写真…だんでぃらいおん…です。

b0084270_084254.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.2 シャッタースピード1/217秒
ISO感度 64 スポット測光 露出補正 EV-1.0

b0084270_095592.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.2 シャッタースピード1/32秒
ISO感度 64 スポット測光 露出補正 EV-1.0

b0084270_0101057.jpg

GX200 焦点距離 5.10mm
絞り優先AE F値 4.6 シャッタースピード1/760秒
ISO感度 64 スポット測光 露出補正 EV-1.0

…茎しか写っていないものも多いが、
特筆すべきはその茎の長さ…

…確かチェルノブイリにも茎の長いタンポポが生えていたなぁ…

…どうだろう…早すぎると思うが…
まだ早い…知っているから意識してしまうだけ…
でも…桜田門や日比谷…いくらなんでも数が多い…目に付きすぎる…
何事も無い…何事も無いんだ…
そう…GOD'S IN HIS HEAVEN. ALL'S RIGHT WITH THE WORLD.
…神は天に在りて、世は全てこともなし…
…そうでなければならない。
…そうでなければならなかったはず…

しかし我々は核分裂により、神の祝福を受けていない…自然には存在しない放射性物質を大量に造り出し、
その廃棄物でよりにもよって我々が生まれ、育まれてきた国土を数万年にわたって汚染し、
事故で放射性物質を撒き散らしても反省の色もない…

口蹄疫、火山の噴火、地震、津波、原発事故、終わらぬ余震、
鳥インフルエンザ、食中毒、そしてまた台風がやってくる…
…何でこんなに悪いことが集中するのか…

まぁ何のことはない…我々は神ですら目をそむけるような行為をしでかしていたのだから…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-05-26 22:16 | 写真日記