月に叢雲 花に嵐

木下沢林道を行く

子どもの頃、昆虫少年だった私があこがれていた蝶…
ひとつはギフチョウであり、もうひとつはウスバシロチョウであった。

どちらも、環境破壊とともに少なくなっていった蝶であり、
生息地も限られていたので、
図鑑でしか縁のない蝶であった。

さて、例年この時期は、このウスバシロチョウを求めて、
裏高尾を散策している。

特に、日影の反対側に位置する木下沢林道は比較的撮影に適した環境であり、
毎年散策していたのだが、
昨年あたりから、自動車が入り込み、
かなり環境が変わってしまった。

自動車が入り込むのは
高尾の森づくりの会の植林ボランティアの為らしく、
まぁ、植林自体は結構なことだが、
そのために道に生えている山野草をひき潰していくのはいかがなものか…
山道からヒメジオンやムラサキケマンが激減してしまった…

ムラサキケマンはウスバシロチョウの食草で、
ヒメジオンは成虫がよくやってくる花なのだが…

前置きが長くなったが、JR高尾駅から小仏行きのバスに乗車し、日影下車。
日影沢入り口の民家は季節折々の山野草が植えられているが、
この時期はクマガイソウ。

b0084270_21535366.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/160秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

中央線を越えて、小下沢梅林に向かう途中。
セリバヒエンソウが昨日の雨にぬれて光っていた。

b0084270_22155475.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

木下沢梅林の反対側にちょっとした丘があるのだが、
きれいに刈り込まれていた…
ヒメジオンさえあればウスバシロチョウの有力なポイントだったのだが…

オオルリの声を聞きながら木下沢林道を登っていくもヒメジオンはほとんど見かけない…
所々にニリンソウの群落を見かけるが、花は終わりかけである。
先日6,8,9で今回が7…変異体はここでも多く見られた。

b0084270_2220275.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/1250秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

緑のものを探してみるも、見つからず…
キングギドラは見つけた。

b0084270_22255362.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

ハナネコノメは当然終わっていた。

b0084270_22273874.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/800秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

こっちはヨゴレネコノメ。

b0084270_22303789.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/640秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

山桜が一本ぽつんと立っているところまで登ってみたが、
やはり、山道はタイヤの跡が続いている。

b0084270_22333641.jpg

EOS 60D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/500秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

もはや、この林道でウスバシロチョウを期待するのは無理なのかもしれない…
…と思いつつ、しばし休憩の後、来た道を引き返したのであった。

b0084270_22352058.jpg

EOS 60D + EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/30秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

…休憩時はビニールシートを引いて座るのだが、
このような場所であっても放射性物質が気にかかる…
携帯用の放射能測定器の購入を検討するも、
あの事故以来、価格が上昇傾向にある。

たけのこから基準値を超える放射性セシウムが検出されたようだが、
皮に覆われたたけのこが問題になる…と言うことは、
すでに降下してくる放射線物質よりも、
土壌の汚染が深刻になっている…と言うことだよなぁ…。

また原発周辺の家畜が殺処分になったが、
…確かに生かす方法はあったのだろう…
しかし、殺処分にしなくてはならない理由があったのではないか?
動物は人間よりもサイクルがはやいから…
レベル5に過ぎないスリーマイル原発事故ですら家畜はこんな感じだったみたい。
こんなのがわらわら出てきたら、人間に影響が出る前にモロバレだからなぁ…

北海道や九州ではコレを受けて福島の家畜を一部受け入れた畜産家があったようですが、
食品の安全…と言う点ではどうだろうか…

悲しいけど、これ原発事故なのよね

…いずれにせよ、いよいよ内部被曝を避けるのは難しくなってきたようだ。
外食で肉も控えた方が良さそうだし…
…やはり細菌は恐ろしいが、直ちに影響がある分、速やかに対応がなされるなぁ…
こんなもん加熱殺菌すればどうとでもなるのだが…

住みにくい世の中になったものだ。
きっと詩人や画家が大量発生するに違いない。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-05-05 23:10 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/15451273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード