月に叢雲 花に嵐

桃夭

…福島原発はやはり原子炉からも放射性物質が漏れていたようです…

まず、一番避けなくてはいけないことは、
大規模な爆発をおこすことで、燃料のウランやプルトニウムをばら撒くこと…
…これが起こると日本は終わります…

とにかく燃料棒が危険がない程度の温度になるまで冷却を続ける…
…放水を続けながら、同時進行で、自動で冷却させるシステムを復旧させる…
最後に、放射性物質がこれ以上排出されないように密閉する…と言う手順になるはずです。

特に農家の方や幼い子どもがおられる方は、
これ以上放射性物質を出さないでくれと言いたい所でしょうが、
先に密閉してしまうと、内部で作業が行えなくなってしまい、
最悪の事態が起こりうるので、密閉は最後になってしまうでしょうね…

…正直、長期戦になりそうです…
それもひとつ間違えるとえらいことになるでしょう…

まさに皇国の興廃此の一戦に在り…と言ったところ…

我々にできることは一刻も早い収束を祈ること…

いや、国破れて(汚染されて)山や河すら残らないと言うことにはならないで欲しいですね…
…時に感じては花にも涙をそそぎ、別れを恨んでは鳥にも心を驚かす…

タイトルは桃夭としましたが、
桃のようようたる しゃくしゃくたるその華…という気分では到底ない…

…本日の写真は桃の花です。

b0084270_23441838.jpg

SD14 + 17-70mm F2.8-4.5 DC Macro(70mm)
絞り優先AE F8.0 シャッタースピード1/100秒 EV0.0
ISO感度100 AWB

b0084270_23443337.jpg

SD14 + 17-70mm F2.8-4.5 DC Macro(70mm)
絞り優先AE F4.5 シャッタースピード1/200秒 EV0.0
ISO感度100 AWB


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-03-25 23:45 | 写真日記 | Trackback
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/15102155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]