月に叢雲 花に嵐

ただ生命がいとおしい

2011年…日本は核の炎に包まれた…

…だがしかし…

「ヒャッハー!電車だー、オレも乗せろー」
「電気は節電だー」

電車の本数が少なくなったために、通勤などで多少の混乱があったものの、
輪番停電も節電の効果か少しのエリアで済んだようです…

オマイラ、原発がメルトダウンしそうだって言うのに、何やってるの?
…オレモナー…

あまりにも多くの被害者方が地震や津波でなくなってしまった上に、原発まで…
大災害と禁断のテクノロジーの暴走のコンボは厳しすぎる…
…例え、人に健康被害がなかったとしても、水や土壌は放射能により汚染される…
…当然そこからとれる農作物や海産物は汚染されている…
原子力発電所の再起不能で失われた電力を補う手段がなければ
電車の本数などもそのまま…
ガソリンや生活必需品などの在庫もそのまま…
…これではマトモな経済活動を行うのは難しい…

…詰んでいる…



…今はもう道端に咲いている、
雑草の花でさえ、鮮明に美しく、いとおしく感じる…
…死を悟った西行や正岡子規のこころを理解できそうだ…

b0084270_22182567.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 7.9 ISO感度 64 シャッタースピード1/189秒
スポット測光 露出補正 EV0.0

b0084270_22184195.jpg

上のトリミングです。

ああ…オオイヌノフグリってこんなに美しい花だったんだなぁ…
…ワンコのキン○マ…って言う意味だけど…


…あれっ?今回の被災地はTPPに反対していた、
農家の方が多く住んでいる地域な上に、
米どころの北海道や新潟が放射能でやばそうだぞ…?
さらに救助に向かった自衛隊も…


…おや…誰か来たようだ…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2011-03-14 22:20 | 写真日記