月に叢雲 花に嵐

女郎花と藤袴

夏目漱石の草枕に登場する偏屈な主人公は茶道についてこう述べている。

世間に茶人ほどもったいぶった風流人はない。
広い詩界をわざとらしく窮屈に縄張りをして、
極めて自尊的に、極めてことさらに、極めてせせこましく、必要もないのに鞠躬如として、
あぶくを飲んで結構がるものはいわゆる茶人である。

あんな煩瑣な規則のうちに雅味があるなら、麻布の聯隊のなかは雅味で鼻がつかえるだろう。
廻れ右、前への連中はことごとく大茶人でなくてはならぬ。

あれは商人とか町人とか、まるで趣味の教育のない連中が、
どうするのが風流か見当がつかぬところから、器械的に利休以後の規則を鵜呑みにして、
これでおおかた風流なんだろう、とかえって真の風流人を馬鹿にするための芸である。

…とある。

私は茶道は習ったことはないが、
外から見る限り、たしかに茶道は煩雑すぎると感じてしまう。
私の抹茶はただ点てて飲むだけだ。
たまに茶筅の切れ端やが混ざったり、ダマが残ったりもするけどおいしく飲めればそれでいい。

…抹茶アイスも好きだしね。

千利休はスイカに砂糖をかけただけでマジギレしたそうなので、
もしあの時代に抹茶アイスが存在したのなら、さぞかし面倒なことになったに相違あるまい…

さて、本日の写真は秋の七草より女郎花と藤袴です。

b0084270_034587.jpg

EOS 5D Mark II + EF70-200mm F4L IS USM(200mm)
絞り優先AE F4.0 シャッタースピード1/400秒 EV0.0
ISO感度200 スポット測光 AWB

茶道の作法も知らない不調法者だけど、
花を愛でる心はあるよ。


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-10-29 23:53 | 写真日記