月に叢雲 花に嵐

桜散る

名人戦は封じ手こそ当たりましたが、
角交換は狙わず、46手目の羽生名人の手は△7六角打。
これを見た三浦八段は2時間を越える長考に沈みました。

△7六角打が△4四角打(飛車馬両とり)に勝るかどうかは正直わかりません…
長考に沈みはしたものの、この後の攻め合いでは徐々に三浦八段有利に傾いたかに思われました…

しかし、三浦八段の猛攻を紙一重で受け流しつつ、
気づいたときには罠が張り巡らされている…と言う…
…これは順位戦最終戦や「我々は頓死しました」の三浦八段の将棋…

結局、何が悪かったのかさっぱりわかりませんが、
羽生名人が緒戦を白星で飾りました。

三浦八段…この一敗は重いかも知れません…
第2局は20日から岩手県遠野市で開催されます。

さて本日の写真は…


b0084270_0451473.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/3秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

b0084270_0453363.jpg

GX200 焦点距離 15.3mm
絞り優先AE F値 4.4 ISO感度 64 シャッタースピード1/5秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

b0084270_046490.jpg

GX200 焦点距離 5.10mm
絞り優先AE F値 8.1 ISO感度 64 シャッタースピード1/6秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

b0084270_0462387.jpg

GX200 焦点距離 5.10mm
絞り優先AE F値 2.5 ISO感度 64 シャッタースピード1/26秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

b0084270_0463641.jpg

GX200 焦点距離 5.10mm
絞り優先AE F値 2.5 ISO感度 64 シャッタースピード1/189秒
スポット測光 露出補正 EV0.0 ストロボ使用

真間川の 川面流れる 散り桜 春のおわりは いつも悲しき

写真とは何の関係も無いけれど、
隅田川の川面を流されていく桜の花を見て即興で…
隅田川は語呂が悪かったので、
近所の桜で有名な真間川と言う川に変えました(汗)

「川面を」にすべきか「流るる」にすべきか「常に」にすべきか「悲しい」にすべきか推敲中…
はぁ…日本語は難しいなぁ…

写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-04-09 23:23 | 写真日記