月に叢雲 花に嵐

KissデジタルNの呪縛

私が本格的に写真をはじめたのはKissデジタルNを入手してからですが、
このカメラ、なんと言っても撮った写真を等倍で観賞しても十分きれい…
…これがコンパクトデジカメと一眼レフの違いか…と感心したものでした。
その後手に入れた一眼レフ…1D Mark II Nにせよ、*ist DSにせよ、
この機種の前後に発売された600~800万画素の機種でした。

さて…時は過ぎ…順調に画素数は向上しましたが、
作例を等倍で見るたびにしなしなと購買意欲が…(汗)
もちろん、画素数は上がっていますので、縮小すれば、
解像感などは素晴らしいのですが、等倍で見ると…

KissデジタルNで初めて写真を撮影し、
等倍で見たときのインパクトが強すぎて、
例えば7Dなどでも遠景で樹を撮影した写真などではガッカリしてしまう…
5D Mark IIはまだ許容範囲内だったものの、
次の機種で画素数がこれ以上増えるとなると…

…DP1は…これが等倍で観賞できるレベルなんですよね…
高感度はまったく頼りにならないし、
寄ることもできませんが…(汗)

b0084270_18532.jpg

*ist DS + FA135mmF2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/80秒 EV0.0
ISO感度100 分割測光 AWB

b0084270_183170.jpg

上のトリミングです

b0084270_185037.jpg

*ist DS + FA135mmF2.8
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/40秒 EV0.0
ISO感度100 分割測光 AWB

b0084270_19129.jpg

上のトリミングです

…日比谷公園は順調に春に向かっています…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2010-01-09 23:47 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/12643331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード