月に叢雲 花に嵐

KissとEF-S55-250mm F4-5.6 ISで野鳥は写せるか?

EOSはオートフォーカスに定評のあるシステムですが、
もっとも安いKissとダブルズームのEF-S55-250mm F4-5.6 ISで鳥は撮れるでしょうか…

豊後の梅とメジロ
b0084270_1435875.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S55-250mm F4-5.6 IS(250mm)
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度100

b0084270_1441631.jpg

上のトリミングです

…横を向いた所を狙ったつもりが…

ハナモモとメジロ
b0084270_1443570.jpg

EOS KissデジタルN + EF-S55-250mm F4-5.6 IS(250mm)
絞り優先AE F5.6 シャッタースピード1/250秒 EV0.0
ISO感度100

…これはピントがハナモモに合った(汗)

EOSのシステムにおけるAFの優位性は、
超音波AFレンズの充実にあるのですが、
EF-S55-250mm F4-5.6 ISにはUSMは搭載されていません。

しかし、このレンズ、重量が軽いからか、十分実用になるAFスピードです。
解像度も申し分なく、ISも良い感じ。

問題はKissのレリーズタイムラグですね…

レリーズタイムラグと言うのはケータイカメラなどでよくある、
シャッターを押すタイミングと、実際シャッターが切れるタイミングのズレのことですが、
一眼レフとはいえ、Kissにはこのタイミングのズレがやや大きいのです。
そのため、動くものを撮影する場合は、
1枚目のように真横を向いている瞬間を狙ってシャッターを押しても、
シャッターが切れたときには構図が変わっている…と言うことが起こってしまうのです。

正直、鳥を撮ろうと思ったら、レンズはこれで十分としても、
ボディはワンランク上を狙った方が良いと思います。

私も鳥や蝶などはじめから動体を撮るのをわかっている時は重くても1Dを持っていくことにしています。
…と言うか、そのような用途でしか重い1Dを持ち出す気になれなくなった…とも言います…


写真ブログネイチャーフォト
[PR]
by murakumolabo | 2009-03-13 01:58 | 写真日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmlaboblog.exblog.jp/tb/10496791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード