月に叢雲 花に嵐

ゴールデンウィークに使用した道具

私のウオーキングは基本徒歩と電車。
宿泊は野宿と言うスタンス。

背負っていたのはドイターのFutura 32と言う登山用バックパック。
32 (+3 sp)ℓというスペックだが実際は少な目かもしれない。
このザックの利点は背面にメッシュが張ってあり、背中にバックパック本体が接触しないことで、
汗による不快感を軽減できる点にある。
ケーブルはしっかり締めても若干ぶれやすいかもしれない…荷物入れすぎのせいかもしれないが…


テントはヘリテイジのエスパース・デュオ-X
プロモンテ のVL24と言うテントも持っており、あれも省スペースで快適なテントなのだが、
機動力を考えてエスパース・デュオ-Xを使用した。
このテントの利点はシングルウオールですばやく設営・撤収でき、一人で設営しやすいように工夫が凝らされている点で、
デメリットはVL24と比べて入り口のメッシュが上の方しか開かず風通しが悪い点。真夏はキツイかも知れない。
透湿素材を使用しているらしいがこのテントで雨に降られたことは無いので結露に関してはわからない。
ダブルウオールのVL24は結露に対して優秀だが。

マットはサーマレストのZライト ソル レギュラー
…正直かさばるし、コンクリートの上だと翌朝背中が痛くなるマットだが…
空気を入れるタイプと比べてすばやく設置・撤収できる。
Futura 32にはマウントしにくいのでアタッチメントループを使用し上部に固定…

寝袋はファイントラックのポリゴンシールド
ちょっと寒かったのでモンベルの古い軽量ダウンベストを併用した。

レインウェアはパイネのゴアテックス オールウェザースーツ
かなり前に購入したゴアテックスのレインウェアだが、ゴアテックスのこの手のレインウェアは上下別売が多い。
上下別売だとスタッフバッグも別になってしまいバックパック内でかさばってしまう。
その点このレインウエアは上下セットでスタッフバッグも共通であり、上着は出てきたけど下はどこ行った?といった現象も防ぐことができる。

クッカーはメスティンとエバーニューのチタンアルコールストーブのセット
食料は米と牛丼の素とサラスパと混ぜるだけパスタの素。
…サラスパはメスティンにちょうど収まるので便利だ。パスタの素を使えば、マルタイラーメンなんかより栄養があるし…
しかし自然への配慮と言う点からだと、汁を飲んでしまえばよいラーメンと比べてゆで汁を廃棄しなければならないデメリットがある。

ハイドレーションはエバーニューのハイドレーションチューブとのウォーターキャリー1.5ℓ
…Futura 32のカタログにはハイドレーション3ℓまで対応…とか書いてあるがエバーニューのは1.5ℓでもキツイ…
ストリーマーなら3ℓが入るのだろうか…おまけにハイドレーションチューブの頭に穴が開いているので圧迫されるとここから漏れてくる…
それでもよくあるハイドレーションと比べると調理時の水に使用したりの転用が容易だ。

他には、ヘッドライトやハンマー、パンニング皿や新聞紙、皮手袋や医薬品、ルーペやカメラなどを持ち込んだ。

b0084270_12134762.jpg
…Zライト ソルはおそろしく邪魔である…お荷物は網棚の上に…
右側が膨らんでいるのはハイドレーションを入れているから。

b0084270_12135253.jpg
背面のメッシュ…ドイターエアコンフォートフレックスライトシステムというらしいが…快適である。

b0084270_12135961.jpg
食料や飯盒は手前のポケットに収納している。(食料は入れていないが)

b0084270_12141653.jpg
雨ぶたポケットはZライト ソルつけたままを開くことが可能。
ヘッドライトや手袋、虫除けやアルコールティッシュなどの医薬品を入れている。

b0084270_12141911.jpg
ベルトをはずせば雨ぶたが開く。Zライト ソルはつけたままでもOK。

b0084270_12142260.jpg
パンニング皿と新聞紙を取り除いたところ。
まだ余裕があるが、一眼レフを収納したりする余裕は無い…

[PR]
# by murakumolabo | 2017-05-13 00:14 | アウトドアギアについて | Trackback